FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖永良部島シンポに関する報道

5月18日の南海日日新聞に、17日に沖永良部島知名町で開かれた400年シンポに関する報道がありましたので、お伝えします。記事のタイトルは、「歴史観の再構築を―沖永良部で薩摩侵攻400年シンポ」でした。シンポの最後で私は、「世界史の中で薩摩侵略、植民地支配を考えるべきである」と問題提起させていただきました。それについても記事の中で言及して下さった、久岡さんに感謝します。




薩摩藩の琉球侵攻四百年シンポジウム「琉球から薩摩へ―四百年(一六〇九―二〇〇九年)を考える」(知名町教育委員会主催)が十七日、同町のあしびの郷・ちなで開かれた。

奄美内外の研究者が講演やパネル討議を通して侵攻後四百年の歴史を振り返った。薩摩藩の琉球支配体制について歴史の再検証を指摘する声が出されほか、「世界史に範囲を広げ、研究を深める必要がある」といった提案が出た。

 基調講演は鹿児島大学法文学部の原口泉教授と琉球大学教育学部の豊見山和行教授が講師を務めた。

原口教授は「薩摩にとって、一六〇九年」と題して講演し、沖永良部島襲来に関連した史実を解説した。

 「琉球にとって、一六〇九年」をテーマに語った豊見山教授は薩摩藩の琉球支配の変遷を説明し、「強圧的な支配から緩和期を経て間接的な支配体制へ移行した。琉球支配には段階性と強弱があり、一貫して圧服されたという理解は一面的だ」と指摘。薩摩藩の同化政策にも疑問を呈し、歴史観の再構築を訴えた。

 パネル討議は奄美郷土研究会の弓削政己氏、沖縄大学法経学部の高橋孝代准教授が加わり、同町教委の前利潔氏を進行役に進められた。

 弓削氏は薩摩藩が先導した沖永良部、与論両島の砂糖生産と階層分化の関連性に言及し、流通体制と貨幣制度の解明を研究課題に挙げた。

 和泊町出身の高橋准教授は沖永良部島と外部勢力との関係が島民のアイデンティティー(自己同一性)に影響を与えたと考察し、「侵攻後の四百年は外部勢力に揺れた歴史の一こま。柔軟な島民の姿勢が今の発展に貢献している」とまとめた。

 豊見山教授は「薩摩藩が奄美の人々に風俗の日本化を強制しなかったのは冊封体制の影響が強い。当時の国際環境から歴史を考えたい」と指摘。原口教授は「国際社会で琉球国が長年にわたって存続した背景には薩摩、琉球双方の努力があったのではないか」との見解を示した。
スポンサーサイト



<< 沖永良部島の集い12 | ホーム | 沖永良部島の集い11 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP