FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖永良部島の集い12

IMG_4811.jpg
和泊町にある西郷隆盛が島に住んでいた時の場所と、その西郷像を見に行きました。私たちがイメージしている西郷とは異なる銅像でした。

IMG_4812.jpg
西郷が書いた「敬天愛人」の文字です。和泊にはそのほか、南州神社もあるそうですが、今回は行きませんでした。学校には西郷の肖像画も掲げられているそうで、西郷、鹿児島に対する姿勢が、知名町とはだいぶ違うという印象を持ちました。

IMG_4816.jpg
バスツアーから帰り、午後は知名町のホールでシンポジウムが開かれました。

IMG_4822.jpg
最初、原口さん、豊見山さんによる基調講演がありました。その後、高橋さん、弓削さんを交え、前利さんが司会をしたシンポが行われました。400年の薩摩侵略に関して歴史研究者、人類学者の立場からかなり専門的な内容の報告、発表が行われました。

IMG_4823.jpg
私は日本史、冊封体制という狭い枠組みの中で議論をしていると感じました。欧州諸国による世界中の植民地化、日本における宣教師による「宗教戦争」という世界史の中で薩摩藩の琉球支配を検討すべきであると思います。

奄美諸島の砂糖収奪や奴隷制の世界史的意味も、三角貿易下にあったカリブ海諸島と比較してこそ明らかになるのではないでしょうか。400年にわたる植民地支配からの解放は自治によってしかできないことを沖永良部島で学んびました。

IMG_4826.jpg
パネルディスカッションの場面です。互いに論争するくらいの活発の議論のやり取りをしてもよかったのではないかと思います。このテーマが非常に政治的であり、論争的なものであるだけに、研究者だけの問題にとどまらない性格を有しています。研究者が解釈し、歴史的決着をつけられる問題でもありません。

IMG_4827.jpg
シンポの議論の内容を、会場に座っている生活者がどのような気持で聞いていたのでしょうか。生活の中で400年がどのように記憶されているのでしょうか、大変関心を持ちます。長い時間にわたり、かなり専門性の高い話を真剣に聞いていた、おじさん、おばさんたちのことが今も心に残っています。



スポンサーサイト



<< 沖永良部島の集い13 | ホーム | 沖永良部島シンポに関する報道 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP