FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖永良部島の集い13

昨日、西郷隆盛関連の写真をご紹介しましたが、西郷と奄美との関係については、あまみ庵の森本さんが、あまみ庵のHPで書いているコラムが参考になりますので、ご覧下さい。集いに関西から参加された斎藤さんにご教示いただきました。

http://www.synapse.ne.jp/amamian/tubuyaki/minaminihon-h11106.html

斎藤さんから私宛にメールがあり、ご本人のご確認を頂戴して、メールの内容を以下にご紹介します。



会のページに順番にアップロードされた写真とコメントを見て,あらた
めて参加者の皆さんや,その発言を思い出し,問題を再考しています.

帰って来てから,何年も前に読んだ岩波新書の『裏日本』という本を,
ふとめくってみると,明治の日本で,植民地ではないが,半周辺的な地
位におかれた裏日本が 税金と労働力の供給源とされ,その一方で,鉄道や教育機関の立地は遅
れたこと,明治以降の日本の発展が,中央-半周辺-辺境-植民地とい
う構造によるものであったことが明らかにされています.

前に読んだときは,あまり強い印象がなかったのですが,今度は一気に
理解できました.

私にとっては,どんなに頑張ってみても,琉球の問題
を,松島さんと同じレベルで同じ程度に真剣に考えることは不可能です
(そんなことが出来ると言ったらどう考えても嘘になります).

しかし
琉球の問題を考えることによって,日本に存在するさまざまな問題の構
造が見えてくるという意味で,琉球の問題は私自身の問題でもある,と
は言えそうです.

この『裏日本』という本では司馬遼太郎の明治賛美の
歴史観が批判されていますが,そういえば,あまみ庵の森本さんも,奄
美の事例から,司馬遼太郎を批判する一文を書いておられました.その
符合は印象的でした.

ついでながら,『裏日本』は,新潟県巻町の原発
反対運動を紹介し,内発的発展に期待することで締めくくられています.

つい先日まで,出村さんに送ってもらった百合とグラジオラスの香りで
家中が一杯でした.

ゆいまーる琉球の集いでは,私は聞いているだけの
参加者ですが,可能な限り今後も参加したいと思います.どうかよろし
くお願いいたします.

スポンサーサイト



<< 沖縄経済ーその内発的発展の鍵を握るもの(講演・対談)今週土曜日 | ホーム | 沖永良部島の集い12 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP