FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄経済ーその内発的発展の鍵を握るもの(講演・対談)今週土曜日

今週土曜日に、法政大学におきまして次のような講演と対談がありますので、ご関心がおありの方はお越しください。

沖縄経済、内発的発展について自分が思うところを存分に議論したいと思います。
琉球の内発的発展、自治の方向性を明確にするとともに、この講演・対談を契機にして新たな展開が生まれることを希望しています。

沖縄文化研究所の屋嘉所長が、同研究所においてこれから社会科学的研究、実践についての
議論を盛り上げていきたいと仰っていました。琉球が抱えている政治経済的諸問題を見据え、それを解決するための研究、取り組みの拠点として同研究所の役割はさらに重要になっていくのではないでしょうか。

清成先生とお会いするのは、2年前に沖縄大学で開かれた国際開発学会のシンポジウム以来です。
石垣金星さんが、島おこし運動をしたとき、その運動の意味を理解し、励ましてくれたのが清成先生であると聞いています。琉球における内発的発展について長い間、研究、支援されてきた方であり、
琉球の内発的発展の過去、現在、そして将来についても議論をしてみたいと考えています。

法政大学に行くのは、私が大学院生のころ、沖縄関係学研究会という院生、研究者を中心とした研究で毎月のように法政大学において仲間と議論して以来のことです。現在、琉球研究、社会活動等において活躍されている方々とその時、お会いし、学ばせていただきました。

今回も若い研究者とも真剣な議論をしてみたいと思います。


沖縄文化研究所公開講演会「沖縄経済-その内発的発展の鍵を握るもの-」(6/6)一覧へ戻る
法政大学沖縄文化研究所第123回公開講演会を、下記のとおり開催いたします。ご興味のある方はぜひご参加ください。(申し込み不要、入場無料)

日 時 6月6日(土) 14:00~16:00
場 所 市ケ谷キャンパス 外濠校舎S306教室
演 題 「沖縄経済-その内発的発展の鍵を握るもの-」

※お二人の講師による講演と対談形式で行います。

講 師 松島 泰勝(龍谷大学経済学部教授)
清成 忠男(法政大学名誉教授、学事顧問・財団法人沖縄協会会長)

懇親会
(希望者のみ) 講演会終了後すぐ~2時間程度
懇親会費1,000円


[お問い合わせ先]

法政大学沖縄文化研究所
〒102-8160
東京千代田区富士見2-17-1
TEL:03-3264-9393/FAX:03-3264-9335

スポンサーサイト



<< 沖永良部島の集い14 | ホーム | 沖永良部島の集い13 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP