FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖永良部島の集い14

IMG_4828.jpg
17日のシンポジウムが終わった後、関係者で懇親会を開きました。歓楽街にある、この店では店主が手作りでつくった野菜、自分でとった魚、貝を料理にして出していましたので、どれもおいしかったです。

IMG_4829.jpg
懇親会では、琉球大学の豊見山さんと琉球史と世界史との関係、歴史と実践、400年の意味等について深く話し合うことができてよかったです。徳之島のシンポジウムを主催された方から、徳之島の歴史の冊子を頂戴しました。また、琉球大学の津波さんに初めてお会いし、抜き刷りをいただきました。津波さんとは帰りの船で、石坂さん、村山さんとともに一緒で、楽しい話をしました。

IMG_4830.jpg
沖永良部の筍、貝、燻製された肉等、初めて食べるものが多く、島の食文化の多様性について実感しました。

IMG_4831.jpg
交流会は最初は和気あいあいあと楽しい雰囲気で進んでいきました。

IMG_4832.jpg
交流会の終盤にさしかかって、鹿児島からこられた歴史学者が急に私に罵声を浴びせてきました。「世界史の中で奄美諸島の植民地支配を考える」という、私の問題提起を問題にしていました。大声で、威圧的に怒声を発する顔をみながら、奄美諸島の人々は400年もこのような薩摩・鹿児島の人と接してきたのだなと思いました。

直轄領になり、県域にも含まれることで、南琉球よりも従属的関係性が強く、直接的であったのが奄美諸島であり、同じ琉球でも相当異なる歴史的経験を奄美諸島の人々がしてきたのだということを思いながら罵声を聞いていました。

その方の背中を強く叩いて、話しかける森本さんの姿も心に残りました。酒に酔ったその方をホテルまで肩を担いで連れて行く向原社長の姿も忘れ難いです。交流会の一場面でしたが、島の歴史が具体的に目の前に立ち現れたように感じました。






スポンサーサイト



<< 金城馨さんの授業(明日)・法政大学沖縄文化研究所講演(昨日) | ホーム | 沖縄経済ーその内発的発展の鍵を握るもの(講演・対談)今週土曜日 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP