FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自治とは何か2

官僚支配の日本において、後藤新平の自治の思想は、自治を根本から考える上において大きな示唆を与えていると考えます。




自治精神が拡充されて、国政の上に実現されれば、それが真の民意代表の実際的政治であると同時に、道理にかなった科学的政治であると言わねばならない




自治を離れて楽土はない




自治の極致は正義である




特にわたしが、最も多くを期待しているのは、各種階級、各種生活団体の人々が、一日の仕事を終えた夕方より、この会館(自治会館)に集まって、放論談笑の間に、各自の生活、各自の気分を、相互に理解し合うことである




もし、日本国民の生活に社会的に隣人と密接につながった組織があれば、自己の利益と社会の利益とが一致融合することを発見し、自己が永遠の生命を社会生活の中に発見することになるだろう。

そして、社会を害して自己の一時の利益を計るのは、いわゆる「野獣的利己」であって、社会を利することがやがては事故の永遠の利益であって「人間的自己」であり「啓発的利己」であることを自覚するようになる。




われわれも決して資本主義を永遠の生産主義とするものではないが、かりそめにも隣人と団結するとおいう習慣があれば、資本主義、商業主義の弊害を少なくともある程度まで矯正することは決して困難ではない。

もし、小売商人が暴利を貪るようなことがあれば、一市一町一村が主婦の多数が購買を拒絶することによって小売相場は容赦なく下落するに相違ない。この結果がやがて社会連帯の理想に達する道である。


スポンサーサイト



<< 大学院大学に関するコラム | ホーム | 泡瀬干潟埋め立て問題に関する桜美林大学学生主催のシンポジウム >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP