FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美大島宇検村平田でのゆいまーる会議①

17日から19日まで宇検村平田で車座の集い「ゆいまーる琉球の自治」が開かれました。

受入地の宇検村、平田の方々、新元博文さん、民宿の方々、共同売店の方々、宇検村教育委員会の元田さん、平田に集まられた多くの方々、大変、お世話になり心より感謝申し上げます。

石油備蓄基地を建設させず、市町村合併を拒否し、住民自治の生活を守ってきた方々から
貴重なお話を伺いました。

17日夜開かれた交流会には平田の方のほか、宇検村国馬村長が来て下さり、「ゆいわく(相互扶助)」の心で地域の自治を実現していくとの、力強い言葉を聞くことも出来ました。そして平田の方々と黒糖焼酎を飲み交わしました。

18日午前中に藤原社長が後藤新平の自治について述べた後、私が問題提起と提案を行いました。そのあと、前利さん、向原さんが奄美諸島の歴史について話して下さいました。

午後は、やっちゃばの前田さんがITを活用した奄美産物の販売、「奄美王国」の取り組み等、自立経済のための実践について、

「奄美の寅さん」である花井さんが、「スロー自治論」、奄美諸島と沖縄との違い、環境ネットワーク奄美の薗さんが、環境と生活・文化との関係、奄美における開発の現状について、

あまみFMの麓さんは、コミュニティー・ラジオによって「奄美を知り、奄美を誇りに思う」ための自らの実践について報告していただきました。

その後報告をうけて、参加者全員による質疑応答、討論を行いました。
3時の休憩のときには、今年NHKのど自慢で優勝した新元さんの娘さん、空さんのミニコンサートが開かれました。のびやかな、自然と共鳴するような歌声に感動しました。

そして、午後の部の後半では、奄美諸島以外の場所から来ている方々からの報告を受けて討論をしました。

夜の交流会では、音楽家の港さんがギターを弾いて、新元さんの娘さん、空さん、りんさんが
歌を歌って下さいました。

そして、詩人の上田さんと、港さんが即興で、一緒に詩と音楽の世界を繰り広げてくれました。自治は音楽や詩でも語りうる、深さをもった世界であることと実感しました。

次の日は、今回の集いのまとめについて各自が発言をしました。

この集いは、専門家、学者が上から発話する一般的なシンポジウムではありません。

立場の異なる参加者全員が対等な立場で自治について、自らの実践を踏まえて語りあい、学びあうことを目的としています。

石油備蓄基地を拒否し、自らの力で地域が有する豊かさを活用して生きている方々の声を
聞くことができました。この集いで話し合われたことをどう各自で受け止め、次の自らの自治の実践につなげていくかが各自の課題になったかと思います。


スポンサーサイト



<< 宇検村平田のゆいまーる会議② | ホーム | 今日から宇検村平田での自治の集い >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP