FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

大学院大学に関するコラム

琉球新報の2009年5月21日朝刊の論壇に、松島寛の大学院大学に関するコラムが掲載されましたので、お伝えします。




ノーベル賞級の研究者を集めた世界最高水準の学府といわれる「沖縄科学技術大学院大学」の早期開学に向けた法案を巡って、与野党の駆け引きが始まっている。当該大学院大学(大学院)の設置は、担当部局が文部科学省ではなく内閣府にあり、沖縄の振興開発を目的としている。

大学院は、「最先端の科学技術を研究する学府」として国家戦略を掲げながら、全国紙にほとんど掲載されず、認知度が低く、社会問題にもなっていない。

その背景としては①バイオテクノロジーを主な研究分野とする大学院の設置目的があいまい、②高度な研究が自立経済の振興につながるか不透明、③研究・教育の対象が不明確、④外国に依存し主体性欠如・・・などが挙げられる。沖縄は中小・零細企業が多く、大学院の中心的な研究課題となる生物生命システムを利用する技術は、地元企業にとって即効的な対策になり難い。

また、地場産業活性化の「さそい水」になり得るか疑問である。沖縄振興に極めて重要なプロジェクトに位置付けた研究機関として、地域に有効な研究がなぜ手薄なのか。

琉球弧の「サンゴ礁破壊」の実態とその機構、それを防ぎ守る研究をはじめ、地域性を生かした台風の研究、自然環境に関する研究や地場産業の活性化に結びつく研究開発など身近な問題に取り組む姿勢が見られない。

今計画されている「大学院」は、沖縄の自立に欠くことのできない「救世主」なのだろうか。

うがった見方をすれると、開学に向けた一連の動きは、どうも、国の安定した財政支援を頼りにした「世界有数の楽譜づくり」に見え、初期の目的を逸脱したノーベル賞受賞者輩出を目指す「名ばかり学術研究の府」に映るのである。ただの妄想に過ぎないのだろうか。

ところで、今国会の大学院関連法案の審議は、国の財政支援や大学法人の在り方が焦点となるが、この際、「大学院の設置目的の明確化」や「自立経済信仰の核となる大学院」をそれぞれ法案化し、大学院設置にかかわる不透明感を一掃すべきである。

大学院の設置形態については、将来、負担になるような問題点は、法案の段階ですべてなくさなければならない。国がどう財政支援できるか明確にしたうえで、しっかりした法案づくりを目指してほしい。

一方、大学院関係者の子弟教育のためのインターナショナルスクールの設置や周辺の施設整備についてどう取り組むのか、その動きにも目が離せない。行く先不透明感の強いご時世だが、明るい沖縄の未来像を期待し、党利党略抜きの議論を強く求めたい。


スポンサーサイト



<< 自治とは何か3 | ホーム | 自治とは何か2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP