FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

復帰37年を振り返る八重山諸島の人の声

5月15日の八重山毎日新聞に八重山諸島の振興開発についての社説記事がありますので、ご紹介します。復帰後、八重山の島々がどんどん、大手資本の支配下にはいり、現在も土地買収が進んでおり、経済自立はすすまず、このまま道州制に移行することへの疑問が出されている。真っ当な議論であると思う。八重山諸島の声を那覇や沖縄島の人々の耳に届いているのだろうか。




復帰37年、沖縄振興計画も残り3年

早いものであさって15日は沖縄が本土に復帰して37年目になる。それはそれだけ沖縄戦とその後の27年間の米軍統治時代を知らない世代が増え、逆に知っている人がそれだけ減ったということだ。

八重山は恒例の「5・15」の平和行進や集会の参加も少なくなり、沖縄戦同様、「本土復帰」も年々遠くになりにけりで風化が進んでいる。しかし本土に復帰して八重山は何がどう変わり、今後どうあるべきか、節目に当たりその意義を問い直すのも決して悪いことではないだろう。

■何もかもが変わった八重山
 復帰37年、沖縄がいつまでも変わらないのは広大な米軍基地、全国一多い失業者、そして全国一少ない県民所得イコール「自立できない沖縄」ということだろう。

これが今後も続く永遠の課題だとするとあまりに悲しいし、一体誰に責任があるのだろうと思う。これで道州制を進めるのはどういう展望があってのことかと疑問に思う。

 ひるがえって八重山は変わらないものがないというほどに、町も風景も経済も何もかもが変わった。

 産業構造はそれまでの農業、漁業にかわり、観光産業がリーディング産業になった。恐らく農業・農村振興策のまずさなのだろう。

市街地に人が集まり、石垣市の農村部はじめ西表島は学校の統廃合が進められている。しかしそこはむしろ農漁村振興の施策強化が求められているということだろう。

■公共事業は半分以下に
 八重山経済を支えてきた公共事業はピーク時の95年に397億円あったものが、本年度はこれが184億円となり、半分以下になった。

建設業者は新空港建設工事が大きな支えであり、県は地元業者に優先発注すべきだろう。
 沖縄の公共工事を支える高率補助の第4次振興計画も残り3年を切った。このまま打ち切りとなるのか状況は厳しいが、八重山はまだまだ整備すべきものは多いはずだ。

赤土対策事業の国営化など今後を見据え第5次振興計画や泡盛の酒税軽減など特別措置の延長も今のうちから対策を考えるべきだ。

 この先八重山の自然や文化、暮らしはどうなるのかと心配された急激な移住ブームは収まりを見せているが、今度はその後遺症が懸念される。

さらに本土資本の進出や移住による“本土化”に加えて、ホテル業界には外資が次々参入し、南の小さな島もグローバル化は一段と加速している。

スーパーなどの商業施設も本土や本島などの資本が次々進出、地元業者はどこにいるのかと思うほど存在は薄い。

■見えない地元業者
 いくら自由経済とはいえ、このまま野放しでいいのか、地域経済のあり方としてこのままでいいのか、この場合の行政のあり方はどうなのか、議会などで論議もないことを疑問に思う。

 しかも本土資本の進出や土地買収は石垣港周辺はじめ至るところで今なお進んでいる。この先八重山経済はどうなるのか。これで手放しで復帰してよかったといえる状況なのだろうか。

 世界的な不況で八重山経済はさらに厳しさを増している。復帰以前からの八重山支庁も廃止になった。離島行政の後退はないのか気になる。自衛隊の誘致や配備の問題も新たに出てきた。

 一方で最近は本土からの若者らに支えられて船浮や鳩間などの音楽祭や黒島、小浜などの手作り祭りが元気だ。いずれも過疎の島だが、人々は希望を持って島おこしにがんばっている。復帰37年、課題も多いが、明るい材料もないではない。未来志向で解決に努力し展望を切り開きたい。
スポンサーサイト



<< 自治とは何か4 | ホーム | 自治とは何か3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP