FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自治とは何か4

自治の楽土・浄土をこの世にいながらにして実現するのが、「自治の本願」であるという後藤の言葉から、自治の奥深さを改めて実感しています。

沖縄島那覇市にも公務員共済組合が運営する「自治会館」があり、私もホールなどを利用したことがあります。後藤がいう「自治会館」は日常的に社会の各階級が相集い、会い語り合い、相互の理解を深める場所です。

このような場所を琉球にては、公民館として存在しています。公民館、本来の自治会館をさらにつくり、自治によって人間と人間とのわけ隔てをなくして、共助の精神と実践を広めていくことで、自治の浄土が実現するものと考えます。

自治体も行政という狭い意味ではなく、広い意味で自治体をとらえるべきであり、自治は住民一人ひとりの課題であるといえます。





特にわたしが、最も多くを期待しているのは、各種階級、各種生活団体の人々が、一日の仕事を終えた夕方より、この[自治]会館に集まって、放論談笑の間に、各自の生活、各自の気分を、相互に理解し合うことである。

このような間に、各種階級各種生活に対する特殊な理解もでき、したがって人類間の同情というものが、非常に広く、深く、強くならざるを得ない。

こうして人類相互間の同情が灼熱に達する以上、いつどこでも、必ず不思議な意思の疎通をもたらす活性作用を起こして、何ものをも融解せずにはおかないものとなる。





大礼服と印半纏とに、いかなる隔ての意識もなく、握手し、談笑する勇気と、度量と、理解と、道場が起こったならば、労働問題、特に資本家対労働者問題を始めとし、人類の知力が最難問題とする幾多の諸案件なども、人類の心と心の間にのみ相通う、同情と理解との力により、普通の事として解決されるはずだと信ずる。

このような妙境が自治の生み出す楽土である。

仏教の言葉に倶会一処阿弥陀の浄土に往生して上善人と一処に会することがある。これは仏も衆生も倶に浄土に生まれ会うという意味であるが、我々は、仏陀の本願によって、浄土を後生あの世に求めないでも、自治の本願によって、この世ながらに倶会一処の浄土が拓かれるのである。





国家全体の政治はもとより大切な事柄であるが、その基礎を形作るものは地方自治体の振興である。

ここに自治体というのは広い意味であって、府県郡市町村の団体をいうだけでなく、農会、同業組
合、産業組合等の公共団体より、青年団の類にいたるまで、およそ各地にあって、その一郷一里の福利のために、各員が相集まって自ら自分たちの仕事を処理していこうとする団体を指すのである。

そして健全な国家の立憲的発達は、この自治的な振興に頼るよりはかにはないのである。
スポンサーサイト



<< フィジーラウ諸島、ミクロネシア連邦とグアムの基地、米国とミクロネシア三国、パラオと中国 | ホーム | 復帰37年を振り返る八重山諸島の人の声 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP