FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

貝貨幣という地域通貨、トンガと中国、グアムの戦時賠償請求

太平洋の島々の中には今でも貝、クジラの歯等の貨幣を利用している島があります。これらも多様な地域貨幣であるといえます。


6/27 PIR
 東ニューブリテン島に貝貨幣銀行が設立された。

パプアニューギニアの東ニューブリテン島において、貝貨幣を交換するための銀行が設立された。伝統的な物々交換方式で運営される予定である。

同銀行は、1992年の調査によると、ガゼル半島において、1500万尋(1尋=1メートル83センチ)の貝貨幣が貯蔵されていた。

貝貨幣銀行によって、貯蔵されている貨幣が流動化され、伝統的交換儀礼に使われるようになるだろう。

また同銀行により誕生、死亡、結婚に関連する伝統文化儀式を存続させることも可能になるだろう。同銀行の貝貨幣は、国の通貨であるキナ、各地域の貝貨幣で交換することができる。


トンガでは中国人の移住者が多くなり、商店経営等の経済活動に対する影響力が非常に大きくなったために、2006年暴動が発生しました。



5/1 PIR
 中国政府がトンガ首都再建のための支援を行う。

昨年11月の暴動によりトンガの首都ヌクアロファのビジネス街の80%が破壊され、2億米ドルの損害がでたとされる。

トンガ政府は、中国政府に対して5500万米ドルのソフトローンを申請した。現在、中国を訪問している、トンガのセヴェレ首相は、中国による経済支援の詳細について両国間で合意されつつあると述べた。

また、ヴァヴァウ島、トンガタプ島における医療施設の改善のために245万米ドルの無償資金援助を中国政府が行うことに合意した。

セヴェレ首相は「両国は、台湾は中国の一部であるという「一つの中国政策」を再確認した。中国の古代文明とともに、著しい経済成長に目を見張った。」と語った。



グアムでは戦時中の日本軍による様々な被害に対する戦時賠償請求を現在においても議会に提出しており、チャモロ人にとって戦争は過去のものであるとはいえません。
尚、同法案は現代にいたるまで成立していません。


5/10 PIR
 グアムの戦時賠償法案が米下院議会を通過した。

第二次世界大戦中、日本軍統治下にあったグアムの犠牲者に対し総額1億2600万米ドルの支払いを求める法案が米下院議会を通過した。

今後、同法案は米上院で審議される予定である。上院での同案支持者には、ハワイ州選出のダニエル・イノウエ民主党議員がいる。

同法案は、2004年に設置されたグアム戦時賠償再検討委員会による、「グアムの人々が戦争賠償問題に関して他のアメリカ国民と同様な扱いをされていない。」という見解に土台としている。

同法案が成立すれば、1941年から44年までの間、グアムを統治していた日本軍の占領の結果死亡した約千人の遺族に対し一人当たり2万5千米ドルが支払われるだろう。

また、日本統治時代に、負傷、レイプ、強制労働・行進、収容されたグアム住民またはその遺族に対し一人当たり7千米ドルから1万5千米ドルの支払いがなされるだろう。

さらに、日本軍統治に関する、調査、教育、記念等の諸事業に対し500万米ドルが支出される予定である。

スポンサーサイト



<< 自治とは何か6 | ホーム | 自治とは何か5 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP