FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自治とは何か6

自治は行政だけではない、住民の生活全般にかかわることであり、自治的精神が求められます。国に安易に依存するのは自治であるとはいえません。


自治は単に地方行政にのみあるのではない。農商工当事者の自治的精神がきわめて必要である。

大体において自分の力で運命を開拓することを本義とし、ただその通路における邪魔物で国の力によらねば除去できないものについて、初めて政府の力を借りるという風でありたい。






国、県等の公的機関から金をもらうこと、優遇措置を受けることばかりに気をもむのではなく、社会のために地域の住民が全力を尽くすことが自治においては大切です。


人生の真の目的は受けることではない。献げることにある。全力を尽くして天分を全うして、たとえその努力が少しも世に認められず、空しく縁の下の力持ちとなって終わっても、安んじて喜んで公事のために働く、といいう信念を得たいものである。





たとえ多くの非難攻撃にさらされても、公共のために邁進する者が自治的自覚をもった人、紳士ということができます。自治的人物になることで、文明病を自らの力で治すこともできます。



紳士とは何かといえば、義務を怠って権利を得ることだけに急である者ではない。

一人前の仕事に対して二人前三人前の攻撃を受けても、これを排して勇往邁進し、小さくは一家のため、大きくは社会国家のために努力して止まない者を言うのである。俗人である私はこう解している。

これは実に自治の本分ではなかろうか。あるいはまた文明病治療の方法ではなかろうか。







民主的な憲法、法制度があるから民主的国家になるのではなく、自治が社会や国の基礎となることによって、人間が中心になった民主社会となり、外からの攻撃にも強い社会や国をつくることができます。



立憲政治の模範は英国にあるという。そして立憲政治と自治との関係に思いをめぐらさないものは、あるいは納得しないかも知れないが、英国が今日の国難に処して抵抗力が強盛であるのは、その原因が実は自治の力に存するのである。

どうしてただ富の力に依ると言えようか。フランス、イタリアの抵抗力が比較的弱い所以は、これまた結局、自治の力の弱さに帰さなければならない。

そしてまたかのドイツの場合は今日、その自治の力に待つのが他よりもさらに大であるにもかかわらず、世人はこれを説明して、単に学術の力、軍国主義の力であるとしている。その根底は完備した自治制にあるということを知らないのである。
スポンサーサイト



<< グアム基地建設とミクロネシア人、グアムと中台問題、マーシャル諸島と台湾 | ホーム | 貝貨幣という地域通貨、トンガと中国、グアムの戦時賠償請求 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP