FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グアム基地建設とミクロネシア人、グアムと中台問題、マーシャル諸島と台湾

2007年4月 ,5月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。
米国が軍事権を有している、パラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島の人々がグアムでの基地建設の労働者として期待されています。また、米国はハワイの東西センターを拠点にして太平洋諸国に対する政策を実施しています。



5/10 PIR
 米政府は、グアムの基地建設においてミクロネシア人の支援を求めている。

米国務省は、グアムにおける基地機能の拡大に関連する建設事業を遂行する上で、近隣のミクロネシアの国々からの支援を求めたいとの考えを示した。

人材不足状態にあるグアムでは、数百名の建設業労働者を集めるための努力をしている。グアム地元の建設業者は、労働力をフィリピン、中国、台湾などに依存しており、グアム政府は、外国人のビザ制限措置を緩和するよう連邦政府に求めている。

しかし、米国務省は、米国と自由連合関係を有している、パラオ、マーシャル諸島、ミクロネシア連邦の人々はグアムで就労することができ、これらの人々を活用すべきであると認識している。


ライス国務長官と、ハワイの東西センターの主催で開催された第8回太平洋諸島首脳会議においても、海兵隊のグアムへの移設が主要な議題となった。

また、米国務省は、同省の新しい地域事務所がフィジーの首都スバにおかれ、太平洋島嶼国全体に対する米国の外向活動の拠点になる予定であることを明らかにした。

また、米国務省は、1年間に5人の奨学生を太平洋島嶼国から選び、米国の大学・大学院に留学させる「南太平洋事業」を継続する。同会議には、グアム政府、北マリアナ諸島政府、米領サモア政府、ハワイ州政府を含む20の島嶼政府の代表者が参加した。


グアムの基地機能強化の理由が中台問題にあることを米軍司令官が指摘しています。




4/17 PIR
 米軍司令官が、グアムにおける軍事機能強化の一因は台湾問題にあると述べた。

米太平洋艦隊の新司令官であるティモシー・キーティング大将は、台湾と中国との緊張関係がグアムにおける軍事機能強化の一要因であり、米政府は両者の対立が暴発しないように努力していると述べた。

中国政府は、もし台湾が正式に独立を主張したら侵入すると脅しているが、中国政府が実際にそうしたら、米国は台湾を守るために出動すると同大将は語った。

2002年、米海軍は攻撃型原子力潜水艦3艘をグアムのアプラ港に配備し、2年前、空軍はF15戦闘機、B2ステルス爆撃機を米本土からグアムのアンダーセン基地に配備した。今後、沖縄からは海兵隊8千人がグアムに移駐する。


マーシャル諸島と外交関係を結ぶ台湾は、同国に多くの援助金を提供しています。援助金を基金化して一定額までに蓄積されたが、すれを自由に使うという、援助金の基金化が他の太平洋諸国に対する援助でもみられます。


4/29 PIR
 マーシャル諸島が台湾信託基金から資金を引き出した。

台湾政府により提供された信託基金から170万米ドルをマーシャル諸島政府が引き出して使った。両国の合意によると、同基金は将来、利用することになっていた。

台湾政府は昨年から、マーシャル諸島政府の財政健全化を目的にして、年間250米ドルを提供し、信託基金を設立した。

同基金が1000万米ドルに達したら、マーシャル諸島政府は同基金の資金を使用することになっていた。しかし、基金が300万米ドルを少し超えた時点において、先月、マーシャル諸島政府は基金から資金を引き出した。

その理由は、発電所の燃料が不足したため首都マジュロが停電に陥る恐れがあったためである。駐マーシャル諸島の台湾大使は、基金から資金が引き出されたことについて説明を受けていないと述べた。



スポンサーサイト

<< 自治とは何か7 | ホーム | 自治とは何か6 >>


コメント

こんにちは。
マーシャルのことについて調べていたら、このブログに出会いました。
というのも今とても困っています。
私はグアム在住のマーシャル国籍の人と結婚しているのですが、どのようにすれば一緒に住めるのかが全くわかりません。マーシャル国籍の人でもアメリカの永住権を取得することは可能なのでしょうか?
今妊娠しているのですが、今は別々に暮らしています・・・。

Re: タイトルなし

こんにちは。
メールありがとうございます。
私もグアムに2年住んでいたことがあります。
マーシャル諸島の方は、グアムをはじめとした米国において就学、就業が可能でして、米国内に多くのマーシャル諸島の方が住んでおります。永住権の取得も可能であると思いますが、一度、グアムにあるマーシャル諸島政府の領事館、米国政府の移民局等にいかれて、永住権取得について聞いたらいかがでしょうか。
グアムでもマーシャル諸島の人をはじめとする、ミクロネシアの方々のコミュニティがありました。
いろいろと大変なこともあると思いますが、頑張ってください。





> こんにちは。
> マーシャルのことについて調べていたら、このブログに出会いました。
> というのも今とても困っています。
> 私はグアム在住のマーシャル国籍の人と結婚しているのですが、どのようにすれば一緒に住めるのかが全くわかりません。マーシャル国籍の人でもアメリカの永住権を取得することは可能なのでしょうか?
> 今妊娠しているのですが、今は別々に暮らしています・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP