FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自治とは何か7

自治とは自分自身の生き方そのものから始まります。自治的人間が集って地域の自治が実現されるのです。琉球の自治も、琉球人が自治的自覚が一人ひとりが持つことから始まります。


自治とは、自分で自分の身を治めるということ、独立といっても自恃といってもまた自助といっても、心の働きは同じである。

この精神がしっかいしていないと、人間として立派に立っていくことができない。とかく人間には、依頼心という弱みがあって、何かにつけて人を当てにする傾きがある。

この弱みに打ち勝ち、自分の身は自分の力で必ず始末をつけていくということになって、初めて人には厄介をかけず、同時に自分の天分を遺憾なく発揮することになる。

天は自らを助くるものを助くという金言は、古今内外を一貫して変わりがない。







個人、地域社会、国と自治が拡大していくことで、個人、地域社会、国は活気をおび、輝いてくるのです。他者に大きく依存している沖縄県、米国に依存している日本に自治を回復すべきではないでしょうか。


小さい個人は個人で自治の人、広い社会は社会で自治の社会、大きい国家は国家で自治の国家となって、個人には人格が輝き、社会には活気がつき、国家には威力が加わるの理である。

自治の精神が発動すれば、必ずこの結果が見られる。これと反対に自治の精神が欠けたとき、人は委縮、世は頽廃、国は衰微である。







近代化、文明化、市場化により各人が競争にさらされ、ストレスが生まれ、社会問題も多発しているのが現代です。そのような社会問題を解決していくことができるのも、自治の力です。



社会が複雑となり、物質の生活が行き詰ると、悲惨な生存競争が行われるのであるが、自治の精神さえ発達しておれば、ここに円満な精神的調和が行われる。円満な調和は正義の生活であり、これはやがて温かい宗教的信念を呼び起こす道程である。

物質より精神へ、衝突より調和へ、正義より信念へと人間生活上の微妙な向上作用は、これを自治的精神の発動に待たなければならぬ。

スポンサーサイト



<< 西表島に護衛艦現われる1 | ホーム | グアム基地建設とミクロネシア人、グアムと中台問題、マーシャル諸島と台湾 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP