FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自治とは何か8

まさに後藤新平の生涯が自分自身の無限創造、無限発展の力を思う存分発揮したものであったといえます。人間が有する可能性を信じて、それを実現した後藤は、あくまでも一人ひとりの人間による自治的自覚の覚醒の必要性を強く訴えています。

『政治の倫理化』という後藤が書いた本の表紙に移っている、身の乗り出して、力強く訴える後藤の姿をみて、人間の奥底に存在する無窮の生命を発出していると私は感じました。

後藤の自治の思想、実践を通じて、琉球のこれまでの在り方、振興開発、国への依存を問い直し、自治の島になるための、大胆な提案を出し、琉球の人間一人ひとりが有する無窮の自治力の自覚を呼びかけていきたいと考えています。

自治力は無限の可能性であり、尽きることがない人民の潜在能力であり、地域を再生させる大きな原料力です。

立派な施設やインフラが建設された琉球の都市部にはたして生命の輝きがあるのか。そこに住む人間たちが本当に自らの自治の力を発揮しているのかどうかが、問われていると考えます。






人間には、このように天から与えられた自治の精神がある。

この精神が旺盛になると、自己をどこまでも働かせていくという独特の想像力が湧き、それが限りない進歩向上の努力を続けていく動力となり、個人も社会も国家も緊張した無窮の生命を得て、極度まで邁進しなければ止まらないという発展性が躍動するのである。

自治の精神すなわち発展性は個人の体中に潜んでいる。この点からいうと、自治の精神は活力の源泉である。

この源泉は、どれだけ汲んでも涸れる時がない。否、汲めば汲むほど生命の水が湧き、進歩向上の力が強くなってゆく。


ベルグソンという哲学者は、「生命は絶えず新しい自己を創造しつつ進行する無限創造の力無限発展の力である」と説明した。

この無限創造無限発展の力も、自分でしっかりと掴んで活かしていかなければ、その生命の活躍は見られない。

まず自分の精神を自覚して、その自覚を第一歩として人生の行程を進めるのが、いわゆる声明を活躍させていく道である。

人生はこの根深い自覚から出発していかないならば、真の活動はできない。人間には、すでに無限創造無限発展の大生命があるのだから、人事の多くは意のごとくではないけれども、この自覚と努力の前には何の障害もなくなるのである。

こうして世に真の勇者が生まれ出て、人も栄え世も栄える。

今日の社会は何となく、生気の乏しい観がある。これは結局、自治の精神が欠けているために、社会のドン底から湧き起こる生命の活躍がないからである。形態は備わっても生命のない社会は残骸に過ぎない。今日の急務は、自治の自覚を喚起することである。
スポンサーサイト



<< 宮古島の共同店 | ホーム | 西表島に護衛艦現われる2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP