FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ニュージーランドに住む太平洋島嶼民、魚よりも釣り針論、海面上昇の被害を受けているキリバス

2007年2,3月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

ニュージーランドは太平洋島しょ国から多くの移民を受け入れ、移民社会も形成されていますが、ニュージーランド社会への同化が進んでいる状況が下の記事から明らかです。ニウエ、クック諸島、トケラウの場合、自分の国に住む人より、ニュージーランドに定住する島嶼民の数が多くなっています。


2/26 PIR
 ニュージーランドに住む太平洋島嶼国民が出身島嶼国の言葉を話さなくなっている。

ニュージーランドに住むクック諸島民の17%、ニウエ人の24%、トケラウ人の41%しか出身島嶼国の言葉を話さないという、2006年の調査結果がでた。

これらの数値は2001年の調査結果と比べて1%から4%減少した。ニウエ人全体の91%、クック諸島民全体の73%、トケラウ人全体の83%がニュージーランドに定住していることからも、この調査結果は大きな意味を有しているといえる。

これらの島嶼はニュージーランドと特別な関係を有しており、島嶼民はニュージーランドの市民権を有することができる。ニュージーランド政府は、これらの島嶼の言語を守る責任を有している。

ニュージーランド教育省は、最近、サモア人、クック諸島民のための学校教育カリキュラムを完成させたが、今年、ニウエ人、トケラウ人、トンガ人のための学校教育カリキュラムを整備する予定である。



魚よりも釣り道具をという、たとえは、前沖縄県知事の稲嶺知事もよく口にしていた。しかしこれまで与えられた手段によって本当に島が自立できないのかどうかを検証する必要があります。無駄な手段や他者依存を深める手段もあったと思います。



3/21 PIR
ミクロネシア首脳会議において、地域の統一、自立について議論された。

 第七回ミクロネシア首脳サミットにおいて、北マリアナ諸島、パラオ、グアムの首脳達は、島々の経済自立を実現するために民間部門との強力な協力関係を構築する必要があると強調した。

北マリアナ諸島のフィシアル知事は次のように述べた。「次のような古い諺がある。ある人に魚をくれたら、その人は1日だけ生活することができる。しかし、その人に魚の釣り方を教えれば一生、彼とその家族は生活をすることができる。私が米国上院議会の職員と会談した際、米国は経済発展のための手段を提供すべきであると主張した。例えばその手段とは、移民や労働者の最低賃金に対する北マリアナ諸島の管理権である。」

パラオのレメンゲソウ大統領は次のように述べた。「パラオには廃棄物のリサイクル施設がなく、廃棄物をグアムにあるリサイクル施設までに運ぶ必要がある。海運会社であるマトソン社は、パラオ政府が港着岸料や輸送代を支払うという条件で、空のコンテナーに廃棄物をグアムまで運ぶことに同意してくれた。

遠隔の地にあるという島嶼国の地理的条件は不利であるが、民間部門の支援により島嶼国の経済状態を改善することができる。」


ツバル、キリバスのように、海抜の低い島では地球温暖化による海面上昇は現実的な危機となっています。


2/6 PIR
 地球温暖化はキリバスにとってまさに現実の問題となっている。

 キリバスのアノテ・トン大統領は、地球温暖化を食い止める取り組みがなされているが、キリバスにとっては遅きに失し、数十年後には海面上昇により同国の住民は土地を離れざるおえないだろうと述べた。

地球温暖化により、同国の土地や住宅の中には海水に流されたケースもあり、また幾つかの政府庁舎もそのような危機に直面している。

人口10万5千人のキリバス人の大部分は、タロイモを主食としているが、塩害により住民の食生活にも大きな影響を与えている。

トン大統領は、キリバスの国土は幅が狭い環礁島であるため住民は海水の進入から逃れる場所がなく、少なくとも50年後には島を離れざるおえないだろうと、述べた。
スポンサーサイト



<< 自治とは何か9 | ホーム | 宮古島の共同店 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP