FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自治とは何か9

後藤新平の有名な自治三訣です。私自身も自主的自治のための修行過程にあり、勇猛心を奮い起こして理想の実現に邁進したいです。



自治三訣


自主的自治 人のお世話にならぬよう
社会奉仕 人のお世話をするよう
国家奉仕 そして酬いを求めぬよう

自主的自治は個人としての態度を、社会奉仕は社会に対する態度を、国家奉仕は国家に対する態度を、それぞれいましめて処世の心得を明らかにしたもの、この三訣の実行さえできれば、自治生活の目的は達せられる。

この実行はもとより容易なことではないが、その実行を期する苦心努力が積もり積もって、個人も繁栄、社会も平和、国家も振興という喜ばしい結果が見られるのであるから、大いに勇猛心を奮い起こして、極力理想の実現というところまで進んでいかねばならない。

修行は本来楽なものではないが、楽でないだけに最後の歓喜はまた格別である。その修行の法則として掲げた以上、自治の三訣は、人生最高の生活状態であるという熱烈な信念に活きるとき、そこに初めて絶大な自治生活の権威が現れるのである。






自治とは自己を救う道です。自分を救うのは他者ではなく、あくまで自分自身です。現在の結果は全てこれまで自分が行ったことが積み重なってできたものです。ですから、現在の自分の自治的生活が将来につながるわけですから、日々、緊張感を持って、全精力を傾けて生きなければならないと思います。




自己を救う者は、自己よりほかにはない。自治とは自己を救う道で、自己を堕落の淵から救い上げて正道へ導くのにも、また高い目的を描いて健気に向上進歩を図るのにも、みな自己の力を恃むよりほかに致し方はない、

「人のお世話にならぬよう」の一語、新に人間処せ上の大教訓としなけらばならぬ、自己を救う者は自己、自治は自然の大法である。







自分の生活は自分自身でしか責任を負えないし、生活や運命も自分が支配して生きております。地域の自立も、このような自主的自治を有した住民が多く生まれることによって実現していくと考えます。他で成功した法制度だけで自治が実現するのではありません。自治的社会の中から自治的法制度が生まれてくるのであります。





自主的自治とは、自分の生活は自分が支配し、自分の運命は自分が責任を負うということである。

ゆえに自分の努力の結果が好かったときには自分の功績であるが、もし不結果の場合であっても、自分の責任であるから不平も不満も起こるわけがない。

この覚悟で仕事に取りかかれば、ぜひとも好結果を収めねばならないから、そこに非常な決心と普段の努力が躍動してくる。

このとき自分に鞭うち自分を励ますものは、「人のお世話にならぬよう」との第一訣でなければならぬ。

スポンサーサイト



<< 竹富島リゾートと水問題 | ホーム | ニュージーランドに住む太平洋島嶼民、魚よりも釣り針論、海面上昇の被害を受けているキリバス >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP