FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球はなぜ人工物を作り続けるのか

桜美林大学の学生さんたちによる泡瀬埋め立て問題についての集いが開かれたことについて、janjan6月29日に報じられていましたので、ご報告いたします。
同大学の林先生から教えてもらいました。

開発を進めている沖縄市の市長は「革新市長」です。平和を主張してきた市長がなぜ、開発が有する暴力性を認識できないのか。「革新、保守」に関係なく、島の自然、生命、生活を理解し、実践していく政治家が求められます。

自然が消され、人工的なものがどんどんつくられていきます。人工的施設をわざわざ見るために観光客は琉球を訪問しているのではないのです。本物が問われているこの時代において、はてしなく、琉球は人工物を作り続けています。






環境省OBで現在「泡瀬干潟大好きクラブ」代表・水野隆夫氏の活動に賛同した大学生らによるシンポジウム「I know! You know! 工事No!~沖縄・泡瀬干潟を守れ~」が、6月27日に都内・水道橋で開かれた。

水野氏を招いての講演のあと、実際に泡瀬干潟を訪れての大学生らによる発表会や、会場壁面を使っての写真展に、参加者は泡瀬干潟の問題について理解を新たにした。


メンバーの手によるシンポジウムチラシ。「乙女よ、泣くのはまだ早い」等、大学生ならではセンスが光る。(撮影・三上英次 以下同じ) 泡瀬干潟は、沖縄市の海岸沿いに広がる270ヘクタールの青い海である。

美しいサンゴ礁だけではなく、動物156種(うち貝類108種)、植物18種以上の「絶滅危惧種」が生息する貴重な自然の宝庫である。

 ここに国と県、市が埋め立て事業費だけでも489億円もの人工島造成等を計画したのは、かれこれ20年以上も前のことである。

工事に伴う自然環境破壊や、公金の無駄遣いに反対する住民らが公金差し止めを求めて提訴、08年11月、那覇地裁(田中健治裁判長)は公金差し止めを命じる。しかし、県と市は控訴、埋め立て事業も、第1審判決を尊重することなく、断続的に進められている。

 シンポジウムでは、はじめに水野氏がスライドを使って、参加者に泡瀬の豊かな自然を紹介した。その中で、水野氏は工事推進派の環境アセスメントがきわめてずさんで、実際には360種以上は生息する貝の種類が20種程度と過少に報告されたり、無断でサンゴ礁が移植されたりしている現状を訴えた。

 また、一部の工事推進派が「人口ビーチを作ろう」と取り組んでいることにふれ、「泡瀬の自然は、ホンモノの自然であり、世界に誇れる宝なのに、どうしてわざわざ自然を壊して、人工物を造ろうとするのか」と疑問を投げかけた。

また、最近とみに耳にする〈環境との共生〉〈自然の創生〉といったキャッチフレーズで進められる計画の多くが自然を破壊している実態を挙げ、〈環境偽装〉であると指摘した。

続いて、桜美林大学の「学生団体Sea泡瀬」代表の吉岡さん、中茎さんらによる自然観察ツアー参加の模様が報告された。発表では、泡瀬の現状報告にとどまらず、2つの問題も紹介された。

 ひとつは沖縄北部に広がる、通称「やんばるの森」(東村高江地区)での米軍ゲリラ戦訓練やヘリパッド建設の問題である。

特に、ヘリパッド建設後は、さらなる訓練回数の増加や騒音、垂直昇降機「オスプレイ」の事故も予想されるとして、「そういう現実に起きている問題について、私たちは目を向けて行かなければならない」と訴えた。

 もうひとつは、辺野古への基地移設問題である。

 今年5月の泡瀬干潟視察に際して、吉岡さん、中茎さんらは、辺野古テント村も訪れ、現地の人たちから聞き取りなどもしている。「都市部の普天間基地の代替として予定されている辺野古は、天然記念物のジュゴンも見られ、泡瀬とともに多くの人たちが考えていかなければいけない問題だと思う」と吉本さんは語る。

水野氏を囲んで。左から司会を務めた中茎さん、懇親会幹事の石井さん、受付の遠藤さん、代表の吉岡さん。
 シンポジウム終了後、「学生団体Sea泡瀬」代表の吉岡さん(桜美林大学3年)に話を聞いた。

 「学生団体Sea泡瀬」は、現在メンバーは7人で、今年の2月には水野氏を大学に招いて講演会を開いたり、ふだんから勉強会なども続けたりしているという。

27日のシンポジウムもメンバー4名での運営で忙しそうではあったが、発表では「泡瀬干潟」にとどまらず、アメリカで「未亡人泣かせ」と呼ばれる(※事故が頻発してパイロットの妻を未亡人にすることにちなむ)オスプレイ機への言及があるなど、ふだんからの地道な研究の成果がうかがえた。

 また、「Iknow! You know! 工事No!」というシンポジウムのキャッチフレーズや、配布された大学生らしいチラシを見ると、みずみずしい感性が感じられる。このような若い世代の行動が、自然保護活動を支える新しい力になれば、水野氏も心強いことだろう。

 なお、「泡瀬干潟」に関する公金差し止め訴訟(控訴審)は、全3回のうち、すでに2回を終え、次回7月23日に結審の予定である。
スポンサーサイト



<< 龍谷大学「地域経済論」公開講演会、民際学研究会のお知らせ | ホーム | 竹富島リゾートと水問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP