FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

龍谷大学「地域経済論」公開講演会、民際学研究会のお知らせ

1.来週月曜日、朝10時45分から龍谷大学3号館102号室におきまして、滋賀県にお住まいで、琉球出身の高間悦子さんが講演されます。私が担当している「地域経済論」の授業での講演となります。

昨年、ゼミの学生とともに、滋賀県甲賀市にある高間さんの琉球館にいき、はなしを伺いました。

滋賀には多くの工場があり、琉球人労働者が季節労働者として働きにきております。昨年から雇い止めの問題が発生しており、その実態、沖縄県人会における日本人と琉球人との関係等について話を聞きました。

月曜日はさらに詳しくお話を伺いたいと思います。


2.来週木曜日の同じく「地域経済論」では、本NPOの理事でもある石垣金星さんが、西表島が現在抱えている問題と、島の可能性について語ります。わざわざ西表島から来て下さり、感謝です。学生さんも金星さんの人柄、生き方から大きな影響を受けるのではないでしょうか。


3.来週土曜日は、先月開催予定であった、民際学研究会を開催します。

日時:2009年7月11日(土)13時から17時
場所:龍谷大学深草学舎紫英館2階、第3共同研究室

話題提供1:三田剛史さん「フィジー・ツバルにおける華人社会」

話題提供2:上田假奈代さん (特活)「こえとことばとこころの部屋」http://www.kanayo-net.com/cocoroom/

話題提供3:石垣金星さん(石垣さんのプロフィールなどは2006年のインタビュー記事をリンクさせていただきます)
http://www.eco-online.org/contents/people/22ishigaki.html



興味と時間がおありの方は、どなたでも、ご自由にご参加ください。

以上のように、来週は多くの人との出会い、再開があり、大変、楽しみです。


スポンサーサイト



<< 自治とは何か10 | ホーム | 琉球はなぜ人工物を作り続けるのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP