FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自治とは何か10

様々な困難があっても自主的自治の心で、勇気百倍の気で困難を一つ一つ乗り越えていくことが、自治の人生であるといえましょう。このような人間を養成することが教育であり、教育者としての責任の大きさを改めて実感しています。




日蓮上人のような一代の傑物が人のため国のため身命を惜しまず骨折っても、一生迫害のために苦しめられたという類いが沢山ある。

自治の心の必要は、この時である。このような場合には自己を信じ、自己を恃み、勇敢に正しい道を踏んで進まなければ、その目的を達するわけにはいかない。

日蓮上人などは、自信自恃の心が非常に強かったから、身にふりかかる百難に打勝って、最後の勝利を得たのである。

これが自主的自治の徳というべきもの、その偉大な人格の光は、今にいたるまで燦然と輝いている。





人生は修行であると思います。自主的自治的の道を全うすることは容易ではなく、宗教的信仰と同じような強い信念と意思が求められます。「人のお世話にならぬよう」を実行していくことが、個人、市町村、県、国それぞれの課題であると思います。溌剌として、自主的自治の精神をもち、行動を行う人間が多くいる地域も、元気で、自主的自治が溢れた地域になるでしょう。





世に立つには、まず自己を完成して、それから事に臨むのが正道である。自己完成とは、自主的自治の人であることである。

「人のお世話にならぬよう」の第一訣を金科玉条として猛進することである。そのような時には、人格自ずから磨かれ、精力自ずから加わり、期せずして成功への途上を一歩一歩辿ることができる。

自治の精神が熟して無限の創造力と発展性を表わすとき、それは神聖な信念すなわち宗教的信仰の発動であって、立派に完成された人格の人である。





自治は同時に共治でなくてはなりません。「ゆいまーる琉球の自治」が本NPOの名前ですが、ゆいまーる、つまり共治と自治とは一体であることを主張するために命名いたしました。



ただし自主的自治をはき違え、単独孤立、利己我侭とならないように心掛けなければならぬ。

自己は自己で独力責任を負い、何事も自身に引き受けて人のお世話にならぬから、他人の利害は知ったことではないとなってはいけない。

それでは社会的生活ができなくなるから、深くいましめるべきことである。
スポンサーサイト



<< マーシャル諸島の失業、下地議員のグアムにおける活動、パプアニューギニアと中国との貿易 | ホーム | 龍谷大学「地域経済論」公開講演会、民際学研究会のお知らせ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP