FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

川勝平太・静岡県知事の誕生と琉球の自治

川勝平太先生が静岡県知事選挙に勝利しました。早稲田大学の時代から、先生には大変お世話になってきました。

2002年に沖縄島のンベンションセンターで開催された「21世紀沖縄のグランドデザイン」というシンポジウムでも、コーディネーターを務めてくださり、また、JICA沖縄センターにおいても、「汎太平洋大学」関連の講演を行うなど、琉球との関係もあります。かつて、グアムとパラオをご案内したこともあり、先生は「西太平洋津々浦々連合」を提唱されました。

川勝先生の選挙用ブログに次のような先生の言葉があります。



私は、静岡文化芸術大学学長として、静岡県の文化力向上に取り組んでまいりました。世界遺産を目指す日本一高い
富士山があり、自然、歴史、ものづくりなど、魅力的な「場の力」のある静岡県を「日本の理想郷」にしたい。
この強い思いに駆られ、大学から現場に飛び出し、身を捧げる決意をいたしました。

 「来るものを拒まない」「助力を惜しまない」「見返りを求めない」。
これが私の信条です。

 今、最も大事なのは、「教育の改革」です。一に次世代を育成するための学校教育、二に仕事や生活の現場で学び、三に情操教育が必要です。

美しいものを見れば、心は豊かになります。子どもや高齢者には美術館を無料にしたい。  
また、「食と農の改革」は日本の理想を創る第一歩です。山を守り、森や川を再生することは不可欠です。静岡県には、芸術品といえる農産品がたくさんあります。

新空港から「農芸品」を日本各地やアジアに売り込む先頭に立ちます。

 「行政改革」は待ったなしです。税金を一円たりとも無駄にせず、天下りを禁止し、医療や福祉、教育に振り向けます。

国政でも政権交代が起ころうとしています。静岡県から古い体質を徹底的に改善します。
ここ、静岡県から新しい国づくりの風を起こしたい。
それには、県民の皆さんの協力がどうしても必要です。





川勝先生は、内発的発展論の鶴見和子先生と対談集をだされるなど、地域における内発的発展にも大変関心を持ってきました。これまでの、研究・論考を、これからは実社会のために役立てる時が来たと思います。

経世済民の志を常に先生は語ってきましたが、張り裂けんばかりの先生の情熱と真心とをもって、「静岡の自治」を実現してほしいと思います。

私も静岡に6年間住んでいましたが、380万人が住む静岡も多様であり、自然が豊かな土地柄であります。静岡の可能性を十分発揮して、現在、機能不全に陥りつつある国政を地域から変えてほしいと考えます。

地域に住む一人ひとりが自治的自覚をもつためにも、リーダーとしての知事の役割が重要になります。

琉球の自治、静岡の自治等、各地域において自治が確立することにより、日本の自治、アジアの自治も実現するのではないかと考えます。

今年、富士山静岡空港が完成し、那覇との間に直行便が就航するようになりました。琉球と静岡が「黒潮連合」という、自治のための協力関係を形成することも将来可能ではないでしょうか。

私が住んでいる関西の各知事も独自な県づくりをしています。滋賀県の嘉田知事は環境や生活重視の県政、大阪の橋下知事は財政再建、国との対決等、独自な政策を行い、全国的にも注目されています。

地域主権確立がさらに前に進まんとするとき、沖縄県においては旧態依然の考えの知事がおり、今の沖縄県の閉塞状況の打破の必要性をさらに感じています。国依存、基地依存の政治経済政策をこれからどこまでやっていくのか。

政権交代が叫ばれ、地域から国を変える地域の首長の声が大きくなり、日本がいま大きく変わろうとしている中において、琉球はどのように自治・自立していくのかを考え、提言し、行動していきたいと思います。
スポンサーサイト



<< 自治とは何か11 | ホーム | マーシャル諸島の失業、下地議員のグアムにおける活動、パプアニューギニアと中国との貿易 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2ちゃんねる 静岡文化芸術大学

#パソコンステーションのお茶汲み発っ進!!:新知事の巻。 大人友達のお姉さんが芸術系のお仕事をされていて、静岡文化芸術大学で展覧会& レセプションパーティ icon22 があり、私もお呼ばれされたので行ったことがあります チェリー 。 その時に、県議会議員さんとか?...


 BLOG TOP