FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自治とは何か12

現在の日本社会においても、毎日、家族、隣人等の間の様々な問題が発生しています。それだけ日本社会において自治の精神が大きく衰退していることを意味していると思います。先日、私は約600の学生に対し、自らが生まれ育ち、住んでいる地域において自治の実践があるかどうかを一枚紙に書いてもらいました。

学生なりに自らの自治の実践に誇りをもち、自らもどんどん自治にかかわりたいという学生が多くいました。他方で、なんら地域に愛着がなく、地域の行事にも関心がない学生もすくなからずいました。若い学生に自治の実例を示しながら、その重要性をともに学ぶことが、教育者としての私の課題と考えています。




近頃社会には、雑多な問題が横たわっている。問題の内容にはしばらく触れないとしても、その多くは信と愛の奉仕精神が欠け、自治の精神の乏しいのに起因している。

残念なことには、隣人と隣人と相親しむことを忘れ、利己の利益にのみ没頭して相手の利益を考えず、少しも協同融和の態度がなく、相互の了解同情ということが無視されている。もし社会に信と愛の奉仕精神さえ発動しておれば、問題の解決が容易であるというよりも、むしろ問題の起こる余地がないといった方が適切であろう。




自治とは現在に始まったものではなく、太古から人類が誕生して、社会的生活を営むようになってから存在する社会結束の人間の知恵であると思います。
人間の生きる知恵である自治を、どのように現代社会において振興していくかが、琉球の自治の大きな使命であると思います。
後藤新平の言葉は、自治的生活をする上において、大変、励まされます。




自治は日本では三千年来固有のもので、決して欧米から舶来の精神ではない。その表現の形式や名称は時代と場所とによって相違はあるが、個人生活から始まって、社会生活、国家生活に及ぼした発達運行の経路には何の変わりもない。

しかし、人間生活の様式は日に日に一新されていくものであるから、現代においては現代の思想感情に順応していけるよう、ここに大いに自治精神を振興し社会制度を刷新し、円満な自治の社会を建設することに努力しなければならぬ。

この意味において、自治の社会は単に形式だけでなく、信と愛の奉仕精神に満ちたものあるから、常に活気と弾力に富み、旺盛な同化力を持ち、外来の思想知識など一切を醇化するほどの実力を発揮しなければならぬ。社会自治の威力は、ぜひそうあるべきものである。
スポンサーサイト



<< 映画「島の色 静かな声」のご紹介 | ホーム | 与那国島への自衛隊配備問題 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

白さん、お元気ですか。学部での生活はどうですか。勉強、生活で大変なことも多いかと思いますが、頑張ってください。
中国における自治についても研究課題にしてもらったら、うれしいです。自分の地域をどのようにしたら、よくできるのかという問題は、琉球でも中国でも同じように大変、重要な課題だと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP