FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

映画「島の色 静かな声」のご紹介

昨日は、龍谷大学民際学研究会を開催し、研究者の三田さん、詩人の上田さん、そしての西表島の石垣さんのご発表をもとに、参加者全員がそれぞれ心の糸で結びあった時間を共有することができました。参加者に感謝いたします。

さて金星さんが出演された映画「島の色 静かな声」が全国で上映されています。京都でも、8月1日から一週間ほど、上映されていますので、ぜひ、見に行きたいと思います。

映画についての情報をお伝えします。



この物語は、闇に浮かぶ海と波の音から始まり、
そこに光と色彩が現れる。

青い海に囲まれた緑の島、
目の覚めるような藍の布、
揺れる緑の芭蕉畑、

手紡ぎの白い糸、回る糸車、
四季折々の植物とその色を染める神秘的で強烈な瞬間、
軽やかな機を織るリズムとその心地よい音、

丹念な仕事を繰り返す手、
日に焼けた肌、皺の刻まれた顔、
桃色の子供の肌、

ジャングルの中を駆け抜ける足、
釜を焚き付ける炎と白い煙、
木々の間で干される糸や布、

台風のときの強烈な風と雨、
海に浮かぶ布、
深紅の花、

猪猟、
神の恵みに感謝する唄と三線の不思議なメロディー、
白い衣を着た司の祈り、

黄金色の夕暮れの海、
節祭で迎えられた黄色の着物を纏うミリク神、黒装束の女たちの踊り、
サバニ舟を漕いで海へと向かう男たち、

夜更けまで泡盛を飲んで歌い踊る村人、
猛暑の中での農作業や漁業、
豊かでダイナミックな自然、

そしてその自然を守るための島人の努力。
それらの多様な表情が、力強く、繊細に織りなされていく

「島の色 静かな声」製作プロジェクト
実施時期:平成18年4月1日より平成21年3月31日まで(3年間)
実施場所:沖縄県八重山郡竹富町字西表(西表島)

監 督:茂木綾子
撮 影:ヴェルナー・ペンツェル
チーフプロデューサー:芹沢高志
プロデューサー:相澤久美

製 作:サイレントヴォイスLLP (日本)
共同製作:ヴェルナー・ペンツェル・フィルムプロダクション(ドイツ)
プロデューサー:ヴェルナー・ペンツェル

スーパーバイザー:ヨーク・グロッスマン
共同製作:レ・フィルム ドゥ・プレゾン(フランス)
プロデューサー:パトリス・ネッソン
プロダクションマネージャー:ローランド・ヴァルシーニ

協 力:紅露工房(代表・石垣昭子)、石垣金星、西表島 祖納集落の皆様、P3 art and environment、ライフアンドシェルター社、松丸亜希子、伊藤忍、八木直子 他

実施対象:石垣昭子(染織家)、石垣金星(三線奏者)
事業実施総費用:4,500万円
実施スケジュール:
2006年 9月~2007年 1月 資金調達 、スタッフ調整
2007年 2月~2007年11月 撮影 

2007年12月~2008年 2月 編集、上映会・劇場の策定
2008年 3月~2009年 4月 上映、作品の寄贈、映画祭出品(予定)

技術、撮影、作品の形態:
[本編尺] 80分
[ジャンル] ドキュメンタリー

[撮影] スーパー16ミリフィルムカメラ/HDVカメラは、作品のメインテーマである色彩や光、布の質感など、繊細でデリケートなシーンを的確に表現するために使用。HDVカメラは、自然の中を歩き回る際や祭事など動きのあるシーンと、トークの撮影に使用。

[撮影チーム] 監督、カメラマン、音声の計3名。

[コンセプト] 時間をかけながら人々の日常生活に寄り添い、季節毎の仕事や行事など、一年で一巡する島の暮らしを撮影。映像は常に色彩に重点を置きながら、詩的に精神性を表現するようなものとする。

高感度のマイクで自然の音や日常の音、唄や音楽を録音し、美しく臨場感あふれる音声を作り、音楽は撮影対象の石垣金星氏の音源を中心に編集。説明的なオフヴォイスの解説は避け、映像自体の力を引き出した編集で静から動への日本的なリズム感を表現する。

都市の現代生活と対極にある時間感覚、意識、精神性や思想を表現することで人々へ疑問を投げかけ、伝統や民族的価値の保存を意図したドキュメンタリーとは一線を画した、芸術的、詩的な作品とする。


宇宙の全てを生む母体である未知の闇。
そこに光が現れる。

光があるから私たちの目があり、目があるから色がある。
あらゆる生命が色と戯れて生きている。
闇に光が射すとまず生まれる青は、空と水の色でもある。

本来は無色透明であるのに、遠くから見ると青く見えるのは何故か。
植物は緑、花々は色とりどり、土は茶色、赤い血に赤い炎。
その全ての理由は謎だ。

科学的な説明ではない、色の本質について考えていくと、
謎は深まるばかりであるが、そんな雲を掴むような感覚こそ興味深く、
隠された意味を追い求めたくなる。

芸術とは、目に見えない、手にすることのできない何かを追い求め、手探りし、嗅ぎ分けながら、
目に見えるものに少しでも定着させようとした努力の結果であるだろう。

古くからある日本の伝統工芸として、植物から色を染め、布を織る人たちがいる。
元々はどこでもあり、誰もが知っていた技術だが今ではほとんど失われた、
身近にある自然の素材と丹念な手仕事による技術の原点から生まれる、限りなく自然に近い色。

八重山諸島、西表島に暮らす石垣昭子氏の、
野山で取ってきた植物で、霊気の籠った色を染め、機で織り、海の水で洗い、
心を込めて仕上げられた布は、身に付けるための一枚の布でありながら、
それを手にし、目にした者に激しい衝撃とパワーで何ものかを突き付け、
不思議な程に心を強く揺さぶる。

それは私たちの忘れかけている、大切な何か、忘れてはいけない何かを、
無言で語りかけてくるのを強く感じさせるからだ。

自然は彼女に語りかけ、色を通して宇宙の神秘を垣間見せているのではないか。
目には見えない、言葉では言えない領域からの信号を、糸に、織物の中に吹き込む。
そんな、自然の中に存在する純粋で美しい色あいは、
当然、化学染料や化学繊維では決して生み出すことはできない。

その違いは一目瞭然であり、
科学だけで色の本質へは近づけないことの証でもある。
色の本質を求めるうちに、失われつつある純粋な自然の色を再び私たちの手に取り戻すためには、
自然そのものを守ることが、何よりも重要な課題であると、確信してゆく。


色が色になる前の光であったとき、それは遠い彼方からやってきて、
やがて私たちのところに届き、色となる。
その遠い彼方を感じさせてくれる色。

神が自然に与えた色彩の美は、一枚の布の中で再びよみがえる。
それはまさしく、宇宙からの贈り物、なつかしい母なる色として。
茂木綾子



関係者プロフィール

石垣昭子 Akiko Ishigaki
1938年沖縄県八重山竹富島に生まれる。女子美術大学卒業。70年より京都で志村ふくみに師事。80年に夫の石垣金星と供に西表島に紅露工房を開設。 島の植物による伝統的な染織の復興に取り組む。98年真木千秋、真砂三千代と「真南風(まーぱい)」と名付けた衣のブランドを立ち上げる。同年ニューヨークMOMAのジャパンテキスタイル展に出品。2000年より西表島に後継者育成のための町立て仕事センターを完成。島の伝統行事「節祭」の衣装を復活させ制作を続けるなど、島の伝統文化、技術継承の為に尽力する。「石垣昭子となかまたち展ー西表島の風と彩」、「夏の交布展」、「うちくい展」他、個展、合同展を多数開催するなど、幅広く活動中。

石垣金星 Kinsei Ishigaki
1946年沖縄県八重山西表島に生まれる。68年東京の順天堂大学を卒業後、沖縄本島で中学校の教員となる。数年後、母校の西表島の中学校に転勤。75 年退職して、若い人が島で仕事ができるように島の自然と伝統技術を生かした仕事を模索。自然を汚さない完全無農薬米の稲作に力を注ぐ一方、石垣昭子と供に「紅露工房」を開設。島の植物による伝統的な染織の復興に取り組む。三線の名手でもあり、八重山舞踊の公演にも参加。また、島に伝わる昔話、古謡、童歌、歴史、手仕事の技術などの数少ない継承者でもある。06年、西表に伝わる古謡を収録した『西表民謡誌と工工四』を出版。「西表の未来を創る会」会長。西表島の「西表島エコツーリズム協会」顧問。

茂木綾子 Ayako Mogi
1969年北海道生まれ。東京藝術大学デザイン科中退。92年キャノン写真新世紀荒木賞受賞。97年よりミュンヘン、05年よりスイスのラコルビエールに暮らし、06年には、ジュパジュカンパニーを設立。多彩なアーティストを招待し、生活、製作、交流を実験的に行うプロジェクトを企画、実施。06年4月に渋谷ユーロスペースで『風にきく』が上映された。雑誌『COYOTE』(スイッチ・パブリッシング)でフォトエッセイ「CARAVAN LOST」を連載。個展、グループ展など多数。
映像・映画作品:『IN THE COUCH』(ビデオ&フォトブック・TYOプロダクション・1996)、『SUITCASE BABY』(60分カラービデオ・THISFILMプロダクション・2000)、『風にきく』(57分カラービデオ・THISFILMプロダクション・2002・スイス二ヨン国際ドキュメンタリー映画祭特別賞・ミュンヘン国際ドキュメンタリー映画祭、台湾国際ドキュメンタリー映画祭出品・日本各地自主上映会開催・DVD発売中)、アサヒ・アート・フェスティバル『FOR FAMILY』ビデオ作品製作(2004)

ヴェルナー・ペンツェル Werner Penzel
1950年生まれ。ドイツ南部の地方で育つ。60年代後半は音楽と詩作に没頭、70年代初頭より映像制作を始める。ブラジルの劇団OFICINAと協働し、ミュンヘン・フィルム・アカデミーで学ぶ。南米、北米、インドと日本を旅する。『VAGABUNDEN KARAWANE』(1980)、『ADIOS AL ODIO』(1986)他の映像作品を制作した後、87年にニコラ・ハンベルトと共に「シネノマド」を設立。シネノマドの作品としては『ステップ・アクロス・ザ・ボーダー』(1990)、『ミドル・オブ・ザ・モーメント』(1995)、『スリー・ウィンドウズ』(1999)がある。この他にも監督、脚本、制作、撮影を手がけた作品が多数あり、ヨーロピアン・フィルム・アワードやドイツ・フィルム・アワードなど受賞歴も多い。06年スイスのラコルビエールにて、茂木綾子と共にジュパジュカンパニーを設立。06年4月に渋谷ユーロスペースで『ステップ・アクロス・ザ・ボーダー』が上映された。






スポンサーサイト



<< ニューカレドニアにおける先住民文化の振興、グアムでの基地反対運動、フィジーとアジアとの関係強化 | ホーム | 自治とは何か12 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP