FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ニューカレドニアにおける先住民文化の振興、グアムでの基地反対運動、フィジーとアジアとの関係強化

2007年1月の太平洋ニュースをお伝えします。
ニューカレドニアに住む先住民族カナク民族は、フランスの文化支配に対抗して、独自の教育、言語政策を進めています。文化的自治が政治経済的自治の基礎となります。


1/18 PIR
 ニューカレドニアにおいてカナク語学校設立に許可がでた。

ニューカレドニア議会は、フランス領で最初の先住民言語の学校となるカナク語学校の設立を認めた。この学校の主な目的は同領土にある40の先住民の言語や方言を守ることにある。

19世紀のキリスト教宣教師によるカナク語からの翻訳活動を除いて、先住民の言葉が書き言葉に残されていないという問題がある。

同学校の8人のメンバーはニューカレドニアの主要な文化的、伝統的親族団体等から選出された。カナク語はオーストロネシア語族に属する言語である。ニューカレドニアの人口約23万人のうち約6万人がカナク語を話している。


チャモロネーションというグアムの民間団体を中心にして、海兵隊増強による基地機能の強化に反対する運動もあることを忘れてはなりません。


1/29 PIR
 グアムにおいて基地機能強化に対する反対運動が展開されている。

グアムにあるチャモロ・ネーションという団体を中心とする「グアムの平和と正義のための連合」は、同島において強化されている基地機能に反対するオンライン上の主張に対して国際的な支援を求めている。

世界の諸団体からの支援されている同連合は、世界中から3700万人の反対の署名を集めたと主張している。

来年から実施される沖縄からの海兵隊移設決定過程においてグアムの人間が排除されていることに異議を唱えている。またこの基地強化は、環境、社会、文化、政治経済からみて島のコミュニティーに深刻な影響を与えるとしている。

海兵隊の移設に関して、地元経済界やグアム政府は支持の姿勢を示し、基地経済により地元経済も改善されると考えている。


現在のフィジーの政権は軍事クデターによって成立した政権ですが、豪州、ニュージーランド等の欧米諸国との関係が冷却化するのとは反比例して、中国をはじめとするアジア諸国との関係が強化されています。
アジアと太平洋との融合は他の太平洋諸国においても顕著に見られます。


1/29 PIR
 バイニマラ政権は、アジアとの経済的、軍事的関係強化を目指している。

フィジー政府の幹部は、東南アジア諸国や中国を訪問することで、経済、軍事的関係強化を行おうとしている。

バイニマラ氏は、マレーシア、インドネシアに派遣されるフィジー政府代表団は、より良い貿易関係の構築を目的にしていると述べた。

また、中国への代表団の派遣は、世界最大の軍事力をもつ同国との関係を強化するための支援を求めることが目的であると語った。豪州、ニュージーランドがこれまでフィジーに対して実施し、最近中止した軍事訓練に関して中国と協議しなければならないと、バイニマラ氏は述べた。

また、アジア諸国との関係強化は、豪州とニュージーランドとの関係に代わるものではなく、フィジーが失ったものを補うための措置であるとバイニマラ氏は語った。
スポンサーサイト



<< 与那国島への自衛隊配備計画 | ホーム | 映画「島の色 静かな声」のご紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP