FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自治とは何か13

後藤新平の自治に関する言葉です。
わけ隔てのない、互いに意思疎通ができ、調和する社会が自治によって実現できるのです。



こういう社会にはわだかまりもがなく、階級があっても階級軋轢がなく、不平不満がなく、自然圧迫もなく屈服もなく、今まで意思の疎通を欠いていた障害はまったく取り除かれて、必ず希望と精力とに満ちた平和な進歩的社会が出現することになる。

この喜ばしく願わしい社会へ切り開いていく唯一の道は、自治である。こういう社会が日本全国に出現し、彼とこれと疎通し協力し提携し融合して全日本大に拡大されたとき、新日本建立の目的は達成されたのである。



現在、私は大津市に住んでおり、比良山系と琵琶湖の間にある田圃の中に自宅があります。小さな庭で野菜を植え、草花を愛でています。大自然の中で心身の英気が養われているのを感じています。琉球の自治も、豊かな島や海の自然が土台になると思います。大自然の力によって自治の力が発育するという実例が、西表島の石垣金星です。
先日行われた民際学研究会での石垣さんのお話からも、自然と自治の関係性の強さを実感しました。



大自然と親しんで、科学的生活を送って行けば、環境の感化によって心身の調和を得、精神も爽快に身体も壮健になる。鍬を手にとって田園に菜根を培い、または山水を跋渉して英気を養うその間の利益は計り知ることができない。人の世に処するには清い心と強い力がなくてはならぬが、この二大要件は大自然の感化から得られる。

この二大要件を具備して個人生活より公人生活へ、社会奉仕より国家奉仕へと進むことは、人間として実に尊い姿である。くれぐれも自治とは独立円満の心であって、内には不平がなく、外には和合がある。この真剣な力が支配する社会には、何の不安衝突もあるべきはずがない。この自制があり調和のある人間特有の自治精神は、かの大自然の感化によって、いやが上にも発育するものである。


後藤新平が生きていた日本も多くの困難を抱えていましたが、今日の日本も山積する諸困難に取り囲まれています。調査によって、これらの諸困難の原因を明らかにし、解決策を提示し、それを実行していく一人ひとりの住民によって地域の自治が実現していきます。

後藤新平は72年の生涯において、まさに自治を実践してきた、自治の担い手であったと考えます。私は現在、『正伝 後藤新平』他、後藤新平関係の書物を読み、自治実現のための方策、考え方、生き方を学び、琉球の自治を実現させ、新琉球学を切り開くために、格闘しています。



今、日本は多年の宿弊に苦しみ、未曾有の国難に悩まされているが、諸君がこの病国、病国民に自治の霊薬をすすめて清新雄大の気風を奮い起こしていけば、新日本建立の目的は自然に達成されて、いつしか国難は雲と散じ霧と消え、わが祖国日本は、人類生活の理想郷たる自治の霊土と化して、全国民は永久に平和の福利を享けるであろう。

スポンサーサイト



<< フィジー・クデターの波及、サイパンの衣料産業衰退、クック諸島と海面上昇 | ホーム | 与那国島への自衛隊配備計画 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP