FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

南城市ゆんたく会の試み

7月16日の琉球新報において、南城市ゆんたく会の活動についての記事がありましたので、お伝えします。住民が「ゆんたく」しながら、地域の農業の可能性をそれぞれ語り合う、自治の集いであると思います。このような互いに分け隔てなく、自由に、平等に話し合いができる地域の集いが琉球中にどんどん広がってほしいです。




【南城】南城市農業ゆんたく会が10日、南城市役所玉城庁舎で開かれた。市内の農業従事者と行政の農業担当者らが本音で語り合い、情報や意見を交換して今後の取り組みにつなげようという初めての試み。

約40人が参加し、各自が直面している課題や意見を出し合った。

 農業従事者は市内のJAの支店長やサトウキビ、果樹、野菜など各生産組合・部会の代表らが出席。

市からは古謝景春市長をはじめ農業委員会事務局や農業担当の職員らが出席し、酒を酌み交わしながらざっくばらんに語り合った。

 市では昨年、県から拠点産地として認定されたオクラをはじめインゲン、ゴーヤーなどの野菜が順調に生産量を伸ばし、果樹では国、県の補助を得たマンゴーハウスが今年完成する。

一方、肥料の高騰への対応、若い生産者をどう増やすかという不安要素もある。

 宮古島市のマンゴー農家を視察した生産者からは「行政のバックアップが徹底していた。南城市ももっと踏み込んだ事業をしてほしい」という声が上がった。新価格制度を迎えるサトウキビ生産組合からは「大変頭を悩ませているが、組織づくりに力を入れたい」との意見が出た。

 そのほか「規格外品を高く売れるような政策はないか」「養豚業との連携を図れないか」「農家に有用な資料を行政から定期的に提供してもらえないか」「農産物加工品を学校給食に取り入れてほしい」などの問題提起がなされ、出席者は活発に意見を交換していた。



スポンサーサイト



<< 子どもたちによる自治的自覚のための演劇 | ホーム | フィジー・クデターの波及、サイパンの衣料産業衰退、クック諸島と海面上昇 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP