FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

子どもたちによる自治的自覚のための演劇

7月11日の琉球新報に演劇への参加を通じて、子どもたちが自治的自覚をもつようになったという内容の記事がありましたので、ご紹介します。「人は変われる。誰かのために。人は変われる。自分に自信を持ったときに」という子どもたちのメッセージに感動しました。




犯罪や非行の防止、更生者の支援に理解を深めてもらおうと「社会を明るくする大会」(主催・中部南保護区保護司会)が9日、浦添市てだこホールで開かれ、浦添市内の小中学生が演じる劇「優しい名のもとに」が上演された。

小中学生たちの「人は変われる」というメッセージに観客から感動と称賛の拍手が送られた。

 不治の病にかかりながらも人生を全うしようと頑張る子どもとの出会いをきっかけに、他人に必要とされる喜びを知った暴走族のリーダーが「誰かの役に立ちたい」と更生への道を歩み始める物語。

出演したのは公募で選ばれた40人でほとんどの児童生徒は演劇経験がなく2カ月余りの特訓を重ねて臨んだ。

最後は出演者全員で「人は変われる。誰かのために。人は変われる。自分に自信を持ったときに」とメッセージを発信した。

 出演した平良燦悟(さんご)君(仲西中3年)は「緊張したけどよくできた。演劇に参加したことで、生活習慣がよくなった」と自身の変化を語った。

宮城昌平君(同)は「これまで人前に出ることはなかったけれど、大勢の人の前に立てるようになった」と自信を得た様子だった。

 大会は浦添、宜野湾、西原、中城、北中城の5市町村から保護司ら1000人が参加した。大会に寄せられた作文、標語の優秀作26人が表彰されたほか、4人が意見発表した。



スポンサーサイト



<< 南風原、与那原の地産地消による自治的実践 | ホーム | 南城市ゆんたく会の試み >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP