FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

南風原、与那原の地産地消による自治的実践

7月15日の琉球新報に南風原、与那原で地産地消を行い、売上を福祉に活用しているという、自治的実践についての報道がありましたので、お伝えします。自らの経済活動を通して、公共のために役立とうという若い方の意気込みを感じます。




地元食材を工夫したおいしい料理で地域振興と社会貢献を―。南風原、与那原町出身の若手飲食店経営者で構成する「ばるんちゅ会」では、地元の食材を使ったメニューから売り上げの一部を地域の社会福祉に充てる「第1回チャリティー地産地消フェア」を催している。

発起人の松田一志さん(34)=南風原町=は「お客さんにも楽しんでもらいながら社会貢献したい」と笑顔を見せる。

 松田さんは町の商工会青年部に所属し「エリアコーディネーター」として飲食店経営を通して社会貢献できないかを模索してきた。

 「スポンサーを付けず自分たちで地域活性化できないか」。その思いから今回のフェアをばるんちゅ会に提案。全員の賛同を得て実施にこぎつけた。

 1日から会員が経営する南風原、与那原、那覇の10店舗で取り組みを開始。9月30日までの3カ月間を予定している。

 南風原では特産のつかざん完熟カボチャや生産高日本一のナーベーラー(ヘチマ)、与那原ではヒジキなどを使った料理を提供。松田さんはナーベーラーのおひたし、マーボーナーベーラー、ナーベーラーのデザートという個性的なメニューを出している。

また10店舗を回るスタンプラリーも実施。全店舗で使える商品券も贈呈している。

 松田さんは「自分たちの力で地域を盛り上げることに意味がある。僕たちもお客さんも楽しみながら、『いいとこ取り』で社会貢献したい」と話した。

 問い合わせは松田さん(電話)090(3075)3331。

 参加店舗は

▽一笑懸命笑撃的、夢家、皿Sara、華乃屋、松田建設(以上南風原)
▽モヒカン、夜ノアシオト(同与那原)
▽居酒屋海幸、焼肉ごっち、Loop(同那覇)。
スポンサーサイト



<< 久高島の自治の成果 | ホーム | 子どもたちによる自治的自覚のための演劇 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP