FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

久高島の自治の成果

6月29日の沖縄タイムスに、久高島の新校舎落成、子どもたちの増加についての記事がありましたので、お伝えします。2007年3月に、本ゆいまーるの集いは久高島から始まりました。その際、久高島の内間さん、坂本さん等から島の自治につてのお話を伺うことができました。その模様については、本ブログの書籍コーナーに紹介されている『今こそ、琉球の自治を』に記載されています。

「島の宝を大切にし、島の発展のために尽くしたい」という子どもたちの自治的自覚に、島の希望を
みることができます。



新校舎落成と創立100周年を記念した久高小中学校(内村直子校長)の式典・祝賀会が27日、市知念の同校で開かれた。

子どもたちは集落を回りエイサーを披露。県内外から多くの同校OBや関係者らが駆けつけ、人口の倍近い総勢約500人に膨れ上がった島は祝福ムードに包まれた。

 同校は1906年に久高尋常小学校として出発。2006年に創立100周年を迎えたが、今年の新校舎落成に合わせ式典を開催した。

1972年には130人以上の児童・生徒が在籍したが、98年には10人まで減少。2001年に山村留学をスタートさせ、現在は幼稚園児合わせ40人が学ぶ。式典には県外から留学生の保護者らも駆けつけた。

 式典で金武正八郎県教育長は「地域と密接にかかわる久高の教育は先駆け。久高っ子の良さを伸ばす教育に今後も期待したい」とあいさつ。

児童会長の安里豊規君(6年)は「同じ通学路を父、祖父、祖母が通ったと思うと不思議。先輩が築いた思いやりなど島の宝を大切にしたい」。

 2年前、神奈川県から転校してきた村山茜さん(中3)は「エイサーを見たおばあちゃんから、頑張ったねと声を掛けられうれしかった」と笑顔を見せ、糸数寛希君(中3)は「多くを学び、島の発展に尽くしたい」と話した。

戦後、テントの下で授業を受けたという内間ツルさん(78)は「立派な学校。いつまでも続いてほしい」と感慨深げだった。

 式典後の祝賀会では島総出の追い込み漁で捕獲した魚や島人が早朝4時から調理した料理が振る舞われ、多くの余興で盛り上がった。


スポンサーサイト



<< トンガでの暴動、フィジーのクデター、マーシャル諸島の廃棄物リサイクル | ホーム | 南風原、与那原の地産地消による自治的実践 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP