FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トンガでの暴動、フィジーのクデター、マーシャル諸島の廃棄物リサイクル

先日、このブログ宛てにグアムに住んでいいる日本人女性から問い合わせがありました。いろいろな方がこのブログを関心を持って呼んでいるのだなと思いました。

2006年11月の太平洋情報です。
トンガの首都にある商店の半分以上は中国人移住者が経営し、経済的支配に対する不満が暴動という形で現れました。その後、破壊された商店街の修復に対して、中国政府から援助金が提供されました。



11/19 PIR
 トンガの暴動では特に中国人が襲撃の対象になった。

トンガの警察部長は、暴動は民主主義の要求というより、中国人商人の追い出しであったと述べた。電気は午前7時から10時までの間、そして午後7時から10時までの間は供給されている。

襲撃され焼き討ちにあったビルには、ANZ銀行の本店、携帯電話会社、ニュージーランド航空の事務所が入っていた。首相の親族であるセベレ一族は港で略奪者との闘争に参加した。略奪者は一晩中、店の外に座り、酒を飲んでいる時もあった。


クデターで政権を奪取したバイニマラマ司令官は現在も暫定首相の座にあり、憲法を廃止し、民主的な選挙が行われいない状況が続いています。


11/29 PIR
 国連安全保障理事会がフィジーの軍部に対して自制を求めた。

国連安全保障理事会は、フィジーにおけるクーデター発生の可能性に対して懸念を表明し、フィジー政府と対立している軍部に対し平和的な解決を求めた。

また安全保障理事会のメンバーは、フィジー軍に自制を求め、フィジー国民の利益を損ね、法を破るような行動をしないように呼びかけた。2000年のクーデターを起こした人々に対する恩赦関連の法案を含む、幾つかの法案を廃案にしないと、ガラセ政権を放逐すると、バイニマラマ軍司令官は脅している。

フィジーでは1987年以来、3回のクーデターが発生した。バイニマラマ軍司令官は、2000年のクーデターの際、ほとんど殺されそうになっており、同クーデターの首謀者に対する甘い取り扱いに対しガラセ首相を批判していた。


私もマーシャル諸島のマジュロ島を調査したとき、ゴミ問題の深刻さに驚いたことがあります。台湾政府もゴミ処理に関して援助金を提供しています。「グリーンゴミ」という発想が面白いと思います。



12/1 PIR
 マーシャル諸島において、ゴミのリサイクル運動が始まった。

国土が狭いサンゴ礁の島国においてゴミ問題は大きな問題である。ゴミ処分場の使用期間を長期化し、廃棄物処分方法を改善するために、首都マジュロにある、政府のゴミ処分場において、リサイクル、生ゴミの堆肥化が始まった。

マジュロのゴミ処分場にはハエが飛び、悪臭が立ち込めている。米国政府からの無償資金援助をうけているマーシャル諸島環境保護協会は、「グリーンゴミ」と呼ばれるココナツの葉、枝等を他のゴミの中から選別して、堆肥にすることで、ゴミの量を減らす取り組みを3週間前から始めた。

6人のマーシャル人がゴミの中から「グリーンゴミ」を選び出し、堆肥にするための機械に入れる作業をしている。

もしもゴミ全体の半分が「グリーンゴミ」になるならば、マジュロのゴミ処分場の寿命も長くなるだろう。アジア開発銀行は、何もしなければマジュロのゴミ処分場は2ヶ月以内に使用不可能なるだろうと警告していた。
スポンサーサイト



<< 住んでよし、訪れてよしの島おこし | ホーム | 久高島の自治の成果 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP