FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

住んでよし、訪れてよしの島おこし

7月11日の八重山毎日新聞にヤーヌマール(家の回り)のゆいまーるについての記事がありましたので、お伝えします。竹富島の住宅地の道路はサンゴの小さな石が敷き詰められていますが、毎朝、住民が箒できれいに掃き清められています。地域の生活環境を住民同士できれいにしていく、ゆいまーるが大切です。私は琵琶湖の近くに住んでいますが、先日も、朝早くから、近隣住民が琵琶湖の草を刈ったり、ゴミを集めました。




石垣市が管理する公園や道路・公共用地周辺の花植・美化・清掃活動を通じて花と緑豊かな街つくりを目指そうとボランティア団体(市民団体および企業)と市が区域と内容を協定する「まちかどボランティア」制度(建設部都市建設課担当)が7月1日スタートした。

ボランティアの語源は欧米で、十字軍など自発的な志願兵となっているようだが現在では地域社会に貢献する奉仕活動全般をさすようになっている。

八重山では古くから島々の暮らしを守るため、さまざまな労働力の提供、相互扶助(ユイマール)が盛んに行われ、人頭税など厳しく貧しい中でも世界に誇る伝統文化を発展させた。

生活環境である「ヤーヌマール(家の回り)」は住民各自で清掃活動を行い、島々は衛生的で美しい街つくりが実践され、高いコミュニティー意識が保たれていたと評価されている。

各集落では毎月の清掃日など地区別の当番があり、大きな行事になると住民総出で全体の清掃活動を行うなど美化活動が秩序良く行われていた。

 現在は観光客の大幅な増加に伴い本土からの移住者も増え、都市化・多様化・個人型社会へ変化し、一部住民には清掃活動は役所の仕事としてビーチや道路、ヤーヌマールに散乱するごみを放置する風潮があることは心痛いことだ。

■まちかどボランテイアに多数の応募を
 美崎町の石垣港離島ターミナルビル向かいにある通称「大鷲公園」は3年前から八重山高校17期卒の「八重山となき会」(安室義教会長45人)「おはようジョギングクラブ」(崎浜ハツ会長・58人)「美ら花グループ安全衛生委員会」(山田貴巳委員長・15人)らが定期的に公園や周辺道路の美化に取り組み、海の玄関口として市民や観光客に親しまれるようになった。

沖縄本島からの転勤族が多い沖縄公庫八重山支店や各銀行職員らのボランティア活動も目覚しいものがある。

八重山ではボランティア活動を行う青年団、主婦や高齢者、学生、同窓会などが多く、トライアスロン大会や海開き、プロ野球キャンプなど地域のさまざまな場面で活躍する光景が見受けられる。

小中高など授業の一環として積極的に取り組んでいる学校もあり、これらの団体や企業がまちかどボランティア制度に多数登録して美しい街つくりを目指してほしいものだ。

■全庁横断的な取り組みが肝要
 ところで世界観光機関(WTO・2007年)の調査によると世界の観光競争力国別ランキングでは1位フランス、2位スペイン、3位アメリカなど欧米先進諸国が上位を占め、日本は31位と報告されている。

日本は自然や歴史・文化面で劣らないものの、外国人観光客の受け入れ態勢や花と緑の街つくりに関して欧米先進国に遅れをとり世界トップクラスとは評価されていない。

 最も美しいガーデンシティーと呼ばれるニュージーランドでは毎年2月、家庭部門、ストリート部門、企業部門の美化コンクールを国家イベントとして行い、「住んで良し、訪れて良し」の街つくりに励み、結果として多数の観光客を誘致している。

今回のまちかどボランティア制度はハード部門を担当する建設部が主管だが、単に軍手やごみ袋を支給すれば良いという発想でなく、花や樹木のテーマをバランスよく地域・季節ごとに協議し、ひろったごみのスムーズな処理等全庁横断的なソフト面の配慮が求められる。

従来から活動を行っている市民憲章推進協議会や美ら海・美ら山募金推進協議会、(株)メイクマンなどボランティア活動のネットワークをいかに広げるかが成功の鍵を握るだろう。
スポンサーサイト



<< 薩摩侵略400年と奄美諸島、現代と丸田南里 | ホーム | トンガでの暴動、フィジーのクデター、マーシャル諸島の廃棄物リサイクル >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP