FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

薩摩侵略400年と奄美諸島、現代と丸田南里

7月 11,12日の南海日日新聞に薩摩侵略400年関連のシンポ、講演についての記事がありましたので、お伝えします。行政的に分断された琉球の島々をつなぐために、本NPOは2007年からゆいまーるの集いを行ってきました。私自身、ゆいまーるの集いを主催し、準備し、参加することで、島島の一体性を全身をもって認識することが可能になりました。島と島とのつながりは、人と人とのつながりともなり、それはさらに太平洋諸島につながるものであると考えています。



東京で初めてとなる「薩摩侵攻400年を考える」パネルディスカッションが5日、府中の東京外国語大学であった。大学教授や郷土史家ら3人のパネリストは持論を展開し、「島には従来ないといわれた系図など文書が見つかっている。

奄美の人が奄美のことをもっと研究し、知ってほしい」などと提言した。司会者は「奄美の魅力は多様性、薩摩でもない琉球でもないファジー(不鮮明)さ。その柱であるシマ(集落)の視点から『400年』の過去、現在、未来を見詰めることが大事」などとまとめた。

 同ディスカッションは「図書出版まろうど社」(神戸市)代表の大橋愛由等さんが企画し、司会を務めた。パネリストは酒井正子氏(川村学園女子大学教授)、喜山壮一氏(マーケター)、前利潔氏(知名町公民館)の3人。

 司会の大橋さんは「400年のとらえかたは奄美の島々によって違う。そしてそれをだれが語る資格があるのか。私たちはさまざまな分野にわたって400年を客観的に注意深く分析することが必要だ。このことが奄美の新しい記憶の創出となる」と論議を投げかけた。

 酒井氏は研究分野のフィールドワークで長年、徳之島にかかわった。「徳之島は奄美諸島のヘソの位置にあり、研究者にとっても魅力的な島。シマ唄は独自の曲や薩摩圧政の歌詞が他の島より多い。

薩摩侵攻では最大の激戦地で、その先頭に立ったのは琉球より派遣された統治者の一族だった。島の底流に琉球意識が流れる一方、薩摩系の郷士格の子孫も多い。双方と独自の距離感を保ってきた島の人たちのバランス感覚とダイナミックな行動を400年の歴史にみる」と語った。

 喜山さんは「400年前を起点にした奄美の困難は『奄美は琉球ではない、大和でもない』二重の疎外に始まる。それはいまも、依然として私たちの課題だ。求められるのは、島を足場にし島に止まらない奄美の語りである。

奄美の針路についてこう言いたい。『北の七島灘を浮上させ、南の県境を越境せよ』」と語った。

 前利さんは知名町在住。「奄美は政経的な側面で薩摩の影響を強く受けたが、現在も琉球文化圏。明治の『琉球処分』や戦後の米軍政府下から日本に復帰する際にはその帰属が問題となった。

道州制の導入が論議される現在も、“無国籍”の奄美の帰属が問われている。400年を自分たちの視点から見詰めることが大事だ」と語った。



私も丸田南里のような自治的自覚をもって、行動する人が現在においても求められています。
奄美諸島で私はこれまで「現代の丸田南里」といえる人々にお会いし、勇気と知恵をいただきました。




奄美市生涯学習講座「奄美復帰と薩摩侵攻400年に学ぶ」第4回講座が11日、名瀬公民館金久分館であった。元奄美博物館長の林蘇喜男さん(72)が「薩摩侵攻400年と奄美における近代化運動―勝手世の意義・丸田南里を中心に」のテーマで講演、約30人の受講生が熱心に耳を傾けた。

 丸田南里は過酷な黒糖専売に苦しんでいた明治期の奄美で、自由販売を求める「勝手世運動」を先導、島民を解放した人物。林さんは近代化の中で勝手世運動が果たした役割に着目。

「島民に自由と平等をもたらした奄美で初の住民運動。教育の機運向上をもたらし、約70年後の日本復帰運動に大きな教訓を残した」と語った。

 南里は若くして英国や上海を訪れ、自由貿易を体験して帰島。旧態依然とした島の黒糖販売を目の当たりにし勝手世運動を起こした。

林さんは、好奇心旺盛な少年南里が、英国商人グラバーとのつながりで渡英したのではないかと、その実像を考察した。

 また、大和朝廷と中国との関係で、道の島として奄美が果たした役割や、「奄美」という地名の由来にも言及した。

 講義後の意見交換では、民衆の立場に立った運動家・南里の碑作りを提唱する声や、「子どもたちに素晴らしい祖先がいる事をもっと伝えるべき」との声が上がった。
スポンサーサイト



<< 沖永良部島の日食 | ホーム | 住んでよし、訪れてよしの島おこし >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP