FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国際開発学会沖縄大会①

昨日、国際開発学会沖縄大会から帰ってきました。

23日のプレイベントでは、岸田沖縄担当大臣、東内閣府沖縄担当審議官が講演を行いました。そのあと、沖縄大学の吉川先生、法政大学の清成先生、富川先生、そして私が沖縄振興開発の35年間の総括を行い、これから沖縄経済の行方について論じました。

その内容については、翌日の沖縄タイムス朝刊でも報じられました。

私は開発と基地が非常に関連していること、振興開発が失敗におわったこと、内発的発展の意義等について話し、他のパネラーと議論しました。


24日に私が司会をして、沖縄開発を反面教師として考えるセッションが開かれました。

建築家の真喜志さんが、「環境アセス逃れ」が横行している沖縄島北部の現状や、辺野古基地建設の問題について、沖縄大学学長の桜井先生が振興開発による環境破壊の実態について、

WWFさんご村の上村さんは、石垣島の乱開発問題について、フリーライターの安里さんが、
沖縄のゆいまーるについて、吉川先生は、経済自立のための実践について発表しました。

24日の午後も沖縄に関するセッションが開かれました。早稲田大学の西川先生による厳しく、的確な質問によって緊張感溢れるセッションになりました。だれのための、なんのための沖縄研究なのかが問われていると思いました。

25日の午前中には、西川先生が司会をして沖縄の内発的発展に関するセッションが開かれました。

西川先生は、沖縄における「本当の豊かさ」について述べ、すでにある豊かさを土台にした沖縄型の発展モデルを提示しました。

滋賀大学の只友先生は沖縄経済を財政学の観点から分析し、現在の財政状況が持続不可能であることを示しました。

そして、私が沖縄における内発的発展の事例として、共同売店、憲章、公民館活動等について述べるとともに、東審議官の報告を批判しました。

沖縄における内発的発展はロマン主義、理想主義、予定調和の共同体論ではなく、グローバル経済の中に巻き込まれた島嶼民が自らの島を守るために実践してきた、現実的こころみであり、今もまた、内発的発展が自治の力によって展開されていることなどを話しました。

さらに、東審議官の報告は、植民地支配政府の官僚のような発言であると考え、これを学会報告内で批判すべきであると思い、あえて反論を行いました。

審議官が、振興開発がいかに沖縄にとって重要であり、近代経済学をベースにした開発によって島だけでなく、人までもさらに近代化しようとしていること等を述べたことを批判し、自治の意味を問い、そのあり方を提言しました。

西表島の公民館長である石垣金星さんが、内発的発展の事例を自らの生き様と関連させながら報告しました。

最後に早稲田大学大学院の真喜屋さんが、読谷、北谷、那覇新都心における基地跡地利用を比較して、その問題性を明らかにしました。


振興開発がなぜ失敗したのかを考える濃密な3日間であったと思います。

35年間の振興開発が失敗したにもかかわらず、内閣府沖縄担当部局は何の反省もせず、さらにシマジマを開発しようとしていることも明確になりました。

この学会で得た知識、疑問、そして人のネットワークをさらに生かして、今後の琉球の自治に関する実践、研究につなげていきたいと思います。
スポンサーサイト



<< ゆいまーる会議④ | ホーム | 国際開発学会へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP