FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

清成忠男先生の龍谷大学での特別授業

7月20日、海の日に、清成忠男先生の特別授業を龍谷大学で行いました。私が担当している「地域経済論」の受講生のほか、大学院学生、教職員等、約200人が参加し、教室は一杯になりました。
CIMG2273.jpg

講演のテーマは「地域自立への挑戦」です。
琉球だけではなく、日本の各地の事例をあげながら、具体的に地域自立の方法を学生に示して下さいました。

CIMG2276.jpg

先生が地域自立においてもっとも重視されていたのが、内発的発展と自治であったように思います。
先月、清成先生と法政大学において講演・討論した際にも明らかになりましたが、外発的開発では地域は自立しようがなく、一人ひとりの住民が自覚し、行動しなければ地域は動かないということです。

CIMG2277.jpg
この日が私の担当する「地域経済論」の最終日でした。週2回の授業で、琉球、太平洋諸島の経済問題、内発的発展、自治、基地と経済との関係等を学生と議論し、何回か学生に意見を書いてもらいました。小テストごとに、学生の地域に対する思いが深まってきているように思います。

私の『琉球の「自治」』に対する意見、反論、代案に関するレポートも出してもらいましたが、多くの学生が、この授業の教科書に対して真剣に格闘し、自らの考えを出しており、大変うれしくなりました。
大学生は将来、社会人になって地域を支える人間になるのであり、大学での議論、教育が大変、重要なものであることを改めて実感しています。

CIMG2278.jpg

清成先生からは、親しく、これまでの先生のご経験を交流会や、その他の空いた時間に話して下さり、私の一生の財産になりました。人生の知恵を忘れずに、研究、教育をしていきたいと思います。
1970年代から島おこし活動をされてきた清成先生から学生も多くのことを学び、それを実社会に活かしていくと期待しております。

私も一学生になって学ばせたいただいた一日でした。
大変暑い京都にお越し下さり、清成先生に感謝申し上げます。


スポンサーサイト



<< 清成忠男先生の特別授業(続き) | ホーム | 琉球とグアム >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP