FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

石垣金星さんの特別授業

IMG_5035.jpg
7月9日、石垣さんが西表島から京都の龍谷大学にやって、学生の前で特別授業を行ってくださいました。清成先生と同じく、「地域経済論」の特別授業として西表島の話をして下さいました。今学期は、関西沖縄文庫の金城馨さん、滋賀県のいちゃりばの高間悦子さんも特別授業をして下さいました。

金城さんは大阪を中心とした関西において近代から琉球人がどのように生活、生産活動をしてきたのか、差別の問題等を映像を使って、一生懸命話して下さいました。また午後からは、私の3年ゼミ、修士課程のゼミに参加し、平尾商店街の活性化、関西における差別問題等について学生と議論をしました。

高間さんは21年間滋賀県に住んでいる琉球人です。高間さんは、県人会、いちゃりばの活動を通じて直面してきた、差別と経済との関係について具体的事例をあげながら話して下さいました。高間も、3年ゼミ生と商店街の活性化について、東京の沖縄色を生かした商店街の事例と比較されながら、いろいろと助言を下さいました。

IMG_5036.jpg
金星さんは、11月に島で行う節祭の映像をみせながら、島の人々の生活や経済の営みを紹介しました。学生には授業後、意見感想文を提出してもらいましたが、最も関心、驚きをもたらしたのが、カネが西表での生活ではそれほど大きな意味をもたないことでした。

豊かな自然、ゆいまーる関係がいまもいきている西表島の豊かな生活に驚いていたようです。このような島が同じ日本にあること、自給自足に近い生活をしている人間が存在していることに勇気と希望を見出した学生もいました。

IMG_5038.jpg
金星さんは西表島からもってきた三線を教室で弾きました。数曲演奏をしましたが、島の香り、生活の様子が目に浮かぶようで、学生からも大変感動したとの意見を聞きました。生の三線の唄を聞いたのが初めての学生も多くおり、商業化されていない琉球文化の深さを実感したようでした。

IMG_5041.jpg
私は西表島でも金星さんの唄、三線を聞いたことがあります。金星さんも教室で泡盛があればなおいいと仰っていました。しかし、京都の教室が金星さんがお話をし、唄をうたうことで、教室が西表島になったような気持になりました。学生もこの経験は忘れないであろうし、実際、自分で島に行き、自分の五感で島を知ろうと思うようになるでしょう。

IMG_5042.jpg
小演奏会の後、学生さんと意見交換しました。同じ週の土曜日には、龍谷大学において開かれた民際学研究会でも金星さんが話をして下さいました。その時は、大阪釜ヶ埼の上田さん、日中関係研究家の三田さんと一緒に発表会をしました。

上田さんは釜ヶ埼に住む人々を結ぶ活動を紹介し、三田さんはツバルに住む華人ネットワークについて報告し、金星さんは西表島においける節祭を中心とする生活と、リゾート反対運動等について話して下さいました。以前、西表島に行かれたことのある中村尚司先生が金星さんとなつかしそうに話をされていたことも印象的でした。3人のテーマはそれぞれ異なっていましたが、共通して人と人との「むすび」についての話でした。

木曜日の授業後、金星さんとお昼を一緒にしました。その後、大学の近くにある伏見稲荷大社をご案内しました。きつねさんが稲をくわえている石像に関心を示されていました。眺望がいいところまで、階段を二人で上り、京都の街が一望できる場所で休憩しました。私は授業があったので、そのまま大学に戻りましたが、金星さんはその後も、山の奥まで歩かれたそうです。

金星さん、西表島で生きる島人のたくましさ、知恵、誇りを学生さんにつたえて下さり、心より感謝いたします。




スポンサーサイト



<< 与那国島の自立とは何か | ホーム | 清成忠男先生の特別授業(続き) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP