FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

鶴見和子さんと語る会ー山百合忌

金曜日に東京に行ってきました。
午前中の特別授業を終えて、新幹線に乗り、お茶の水の山の上ホテルへ。
ホテルロビーにおいて、海勢頭豊さんと藤原社長と11月の平安座島で行われる
ゆいまーるの集いについての打ち合わせを行いました。

海勢頭さん、藤原書店の藤原洋亮さんと協力しながら、心に残る集いにしたいと思います。

平安座島は海勢頭さんの生まれ島です。この島から沖縄の自治、琉球の自治、日本の自治を考えて、発信していきたいと思います。

また新琉球学の構想についても話し合いました。新琉球学については、雑誌『環』に私が寄稿した「琉球史を世界史の中で捉える」という文章の中でも一部、紹介しておりますので、ご笑覧ください。
また同文章において、沖永良部島でのゆいまーるの集い等についても書いております。


現在、海勢頭さんは関東地域において集会、フォーラム、コンサートなどが行っています。
海勢頭さんからは私が現在、住んでいる関西と琉球との古代史における興味深い話もうかがいました。

来年は国連国際生物多様性・国際ジュゴン年ですが、海勢頭さんは今年、10月16日、名古屋市西文化小劇場におきまして、「サンの島コンサートー沖縄ヤンバルからのメッセージ」を行います。
お近くの方は是非、聞きに行ってください。

鶴見和子さんと語る会の最初はシンポジウムが開かれました。
パネラーは赤坂憲雄さん、中路正恒さん、黒田杏子さん、そして私でした。テーマは「内発的発展と『山姥』」でした。

自らは自らを「山姥」と呼びましたが、山姥は自然や宇宙と一体化した存在であり、そのような境地において内発的発展の内実をしっかりととらえることが可能になると考えます。

内発的発展論は単に地域の活性化にとどまるのではなく、人間の身体性、魂と自然や宇宙との一体性という、根源的な自覚に基づくものであることが、鶴見さんの晩年の生き方から教えられます。

鶴見さんの思想が体現されたのが短歌であり、『山姥』等の歌集です。鶴見さんの短歌を詠むと、内発的発展が本当に、自らの内側から生成されてきいるのがわかります。

ゆいまーるの集いを通して、琉球の内発的発展を根源から問い直していきたいと思います。

他の先生からのご発言にも学ぶことが多く、改めて、内発的発展論を考え直すことができました。

会場には、大石芳野さんも来ておられ、『琉球の「自治」』の書評をしてくださったことのお礼を申し上げ、琉球についてのお話をいたしました。

また武者小路公秀先生の内発的発展のお話、作家の加賀乙彦さんの鶴見先生との思い出話等をはじめ、多くの参会者の方の心に残るお話を伺いました。

最後に、海勢頭豊さんが、「喜瀬武原」「琉球讃歌」を歌いました。魂に響く歌と話に感動しました。




スポンサーサイト



<< サンの島:海勢頭豊さんの新しいCD | ホーム | 仏領ポリネシアと核実験、島々の遺骨収集、グアムでの日米共同軍事訓練 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP