FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

与那国島の将来

8月2,3日の八重山毎日新聞が与那国島の町長選挙について報じていますので、お伝えします。自衛隊誘致を主張している外間さんが町長に当選しました。

島の町民の多くが人口減少の島の現状に危機感をもっており、一日も早くその危機的状況を脱却するために自衛隊の誘致を求めていると考えます。しかし、島の将来をつくるのはあくまで、もともと島に住んでいた住民であり、自らの力で島を動かすという気概を忘れてはいけないと思います。

自衛隊の設置自体も、東アジア情勢、中台関係、日中関係、日台関係等を考えながら慎重に行うべきではないでしょうか。



任期満了に伴う町長選は1日、選挙運動の最終日を迎え、現職の外間守吉氏(59)=自民、公明推薦=と、元町職員の新人、田里千代基氏(51)の両陣営は5日間の選挙戦を締めくくった。町長選は2日に投開票され、同日午後9時ごろに当落が判明する見通し。

期日前投票は1日までの4日間行われ、当日有権者数(見込み)の20.94%に当たる253人が投票、前回(2005年8月)より54人(5.14ポイント)多かった。

 今町長選は、自衛隊誘致や「自立ビジョン」への評価などを争点に約20日間という短い期間で争われた。

 最終日の1日、外間、田里の両候補は街頭演説などを行ったあと、打ち上げ式に臨んで選挙戦を終えた。

 外間氏は午後3時すぎから久部良地区で「明日の投票日は、与那国の命運が掛かる日」と呼び掛け、祖納港湾整備や田原川の2級河川化、土地改良事業、地域活性化生活対策臨時交付金と地域活性化経済危機対策臨時交付金による施設整備など実績と2期目の取り組みを訴えた。

 自衛隊誘致については、誘致を求める514人の署名と去年9月の町議会決議を挙げ、「これが隠密か。まったく話にならない」と強調し、「(要請によって)防衛省にボールを投げている。自衛隊誘致に反対なら、同省に(反対に)行くべきだ」と訴えた。

 田里氏は午後2時すぎから久部良地区で「明日の投票日には私を町長に押し上げ、みなさんの手足として使ってほしい」と呼び掛け、「時代の流れに乗り遅れてはならない。『自立ビジョン』を基本としたまちづくりや住民自治の確立、台湾との交流は良い方向に動いている。台湾との交通の実現で活性化する」と訴え。

 自衛隊誘致については「自衛隊を産業として持ってきて町の活性化を図るというのはまったく理解に苦しむ。断固反対」と述べ、「住民中心で、与那国の地理的特性を生かしたまちづくりを目指す」と訴えた。

 町選管によると、当日有権者数は男605人、女603人の合わせて1208人の見込み。
 2日の投票は祖納の町構造改善センターと久部良の久部良多目的集会施設、比川の比川構造改善センターで、いずれも午前7時から午後7時まで。開票は同8時から。
 前回の投票率は97.14%だった。


任期満了に伴う町長選は2日、投開票の結果、現職の外間守吉氏(59)=自民、公明推薦=が619票を獲得、元町職員の新人、田里千代基氏(51)に103票の大差をつけて2期目の再選を果たした。当選後、外間氏は「自衛隊(誘致)についても、1期目の4年間についても町民の評価が得られたと思う」と述べた。当日有権者数は1208人。投票率は96.03%で前回(2005年8月)を1.11ポイント下回った。

 町議会は議員6人のうち、5人が与党。外間町政の2期目は当面、来年夏の町議選までの間、安定した行政運営を行うことになりそうだ。選挙戦でアピールしてきた1期4年間の実績を踏まえた2期目の公約の実現によって、人口減少の解決などで手腕を発揮できるかが問われる。

 今町長選は、外間氏が3月に出馬表明したのに対して、対抗馬の擁立作業は難航し、人選が二転三転。田里氏の出馬は先月9日になってようやく決まり、選挙戦は投票日まで20日余りという短さで展開された。

 外間氏は今年3月の出馬表明以降、1期4年間の実績を強調するとともに、農業振興の取り組みや自衛隊誘致の必要性を訴え、3ケタという異例の得票差で再選を果たした。町議会は町議6人のうち5人が外間氏の支持に回り、選挙運動を推進した。

 田里氏は自衛隊誘致反対や台湾との交流促進を訴え、保守層の一部も取り込みながら選挙に臨んだが、候補擁立作業のしこりや出遅れを解消できず、大きく水をあけられた。

【外間守吉(ほかま・しゅきち)】
 沖縄国際大卒。福山海運元代表。1978年から町議4期。86年から4年間は町議会議長。05年8月の町長選で初当選。49年生まれ。祖納出身。


祖納地区にある外間守吉さん(59)の自宅は、投票結果が確定するのを待たずに、午後9時前には支持者らの喜びに包まれた。外間さんは、家族や支持者らと「ばんざい」を繰り返し、「町民の審判が下り、ほっとしている」と表情を緩めた。

支持者らは2期目に向けた美酒に酔い、握手を交わして外間さんを祝福した。

 自衛隊誘致が争点になったことから、県内外で関心が高く、台湾メディアも取材に訪れた。当選後、記者らに囲まれた外間氏は「まず港湾。祖納港湾を周年稼働できる港にする。

沖縄振興計画が2011年度に終わるまでに、港湾や土地改良、上下水道に早急に手を付ける」と高率補助が確実なうちに公共工事を推し進める考えを示すとともに、地力の増強などで農業振興に取り組む決意を示した。

 有権者が示した評価については、交付税の安定化を目的に制定を求めている国境離島振興法(仮称)を挙げ、「対馬市長と連携を取っており、実現できると思う。有権者にも評価された」と自信を見せた。

 台湾との交流については「(自衛隊誘致によって)交流にひびが入るようなことはない」と、引き続き、取り組む姿勢を示した
スポンサーサイト



<< 奄美諸島とポルトガル | ホーム | サンの島:海勢頭豊さんの新しいCD >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP