FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美諸島とポルトガル

南海日日新聞にウェブ編集メモととして、非常に興味深い話が掲載されていましたので、お伝えします。世界史の中で琉球を考えると、島の世界的意義がさらに明らかになるのではないでしょうか。
島は世界史の交流拠点であり、島を拠点にして歴史や文化が生まれてきたことを考えると、下の話も民衆史の視点から検討する必要があると思います。




母方の祖母は伊仙町木之香出身。聞いた話によるとポルトガル人の末裔であるらしい。自分から数えて6代前というから約180年前。大航海時代の末期ということになるだろうか?

◆思い当たる節がある。祖母は生まれつき赤毛で、娘時代からいじめを避けるため黒髪に染めていたというし、鼻筋が通っていて、外国人に近い顔立ちだった。

残念ながら、火事で写真を消失したので証明する術はない。直系が在住しないため、シマの墓ももうない。母と弟、自分にも前髪の一部に赤毛があるぐらいが先祖の形見か。32分の1と64分の1程度の薄い血ではあるが

◆南米で唯一ポルトガル語が母国語のブラジル。1950年代後半、伯母と3歳の従兄弟が移民団一行としてブラジルに渡ったことも、体に流れる血が呼び寄せたのだとすれば納得できる。祖母の姓が木場(=COBA、KOBA)という点から探ってみるのも面白いかもしれない。スペイン語ならあまりうれしくない意味合いだけれど…

◆もう1つの興味は島唄。ポルトガルにファドという哀愁を帯びた歌のジャンルがある。大航海時代、帆船の乗組員と岸壁にたたずむ家族の間で歌われたことは間違いないが、徳之島や奄美大島に流れ着いた西欧人が古里を思い歌い島唄に影響を与えたか、島唄を覚えた西欧人が唄を持ち帰ってファドとして確立したのではないかと想像すると面白い。

文化はいつの世も異質なものの融合で新しい形が生まれると思うから

◆歴史研究家の弓削政巳さんに、これまでの経緯を茶飲み話でしてみたところ、いくつかの検証方法を示していただいた。また、「西欧人が来島した場合、地域住民との接触は厳しく禁じられたはず」とも言っておられた。

外国との往来が一般的になった時代以後の史実であるかもしれない

◆まだ、お会いしたことはないが、伊仙町歴史民俗資料館の義憲和館長は、その辺りの史実に詳しくはないだろうか。機会があれば墓の特定と先祖に当たる外国人名の掘り起こしなどを兼ねて訪ねてみたい。(H)
スポンサーサイト



<< パラオと日本、マーシャル諸島でのミサイル実験、フランスと太平洋島嶼 | ホーム | 与那国島の将来 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP