FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

太平洋における米軍、日本漁業とパプアニューギニア、パラオと日本

2006年5,6月の太平洋諸島のニュースをお伝えします。
米軍は沖縄のみならず、太平洋全域において大きな影響力を有しています。今後、グアムの地政学的な重要性がさらに大きくなると思います。



6/26 PIR
 米軍が太平洋地域において影響力を示している。

米国の海軍、空軍、海兵隊が参加した、大規模な軍事訓練バリアント・シールド2006が6月19日から24日まで行われた。

2万2千人の軍人、30隻の軍艦、280機の軍用機が演習に参加した。米軍関係者はこの訓練は中国や北朝鮮の脅威とは関係ないが、グアムに駐留している米軍が太平洋地域における潜在的な侵略者に対する警告として同訓練は位置づけられると述べた。

同訓練において米国軍事戦略におけるグアムの重要性が高まったことが示された。国際的などのような事態に対しても米軍が対抗できる地政学的な場所にグアムが位置している。沖縄から8千人の海兵隊がグアムに移転するが、その結果、グアムの米空軍基地に配備される軍人(現在は8500人)に、さらに3千人が加わることになる。



日本の漁業において太平洋は非常に重要な海域であり、漁業協定の締結、入漁料の支払い交渉が重要です。同協定は日本政府からのODAの提供とも関係があるといわれています。



5/2 PIR
 漁業協定が締結され、日本がパプアニューギニアの経済水域で漁業することが可能になった。

パプアニューギニア政府の漁業局は、日本遠洋施網漁業協同組合と歴史的な合意を締結し、日本の漁船が19年ぶりにパプアニューギニアの排他的経済水域で漁業をすることが可能になった。

日本側は320万米ドルを支払うことになった。合意に基づき、日本の30隻の遠洋施網漁船が経済水域内において22億5千トンのマグロを捕獲するだろう。同漁業協同組合の島理事長は「日本は世界的にも多い、魚の消費国である。我々は漁業に関して豊富な経験と知識と技術をもっている。これらを利用して、太平洋の島嶼国の漁業発展に貢献してきた。これからも、パプアニューギニアの発展に寄与していきたい。」と述べた。


来月、私は学生を連れてパラオにいきますが、日本との関係強化のために必要なことが人の育成です。日本のほかに、米国、台湾などとの人的交流も盛んですが、教育の機会という面からいえば圧倒的に米国への留学、就業が多いです。他方、パラオ内で特に観光業において日本企業の進出が多く、日本語を使えることが就業機会を得るうえでも大切になってきています。



5/5 PIR
 日本政府奨学金パラオ協会が設立された。

同協会のメンバーと日本大使館の山下臨時代理大使が会則にサインをした。同協会は三つの目的を持っている。1.日本政府奨学金制度を広く知らせること。2.日本から帰ってきたパラオ人留学生の雇用機会、さらなる進学、職業訓練に関する情報を提供すること。

3.日本とパラオとの文化交流を促すことである。メンバーは1982年からパラオ人に提供されてきた日本政府奨学金の受給者である。現在まで57人が同奨学金を受け取った。

同協会は日本政府と協力して教育事業を展開する予定である。あるメンバーは「日本語大会や文化交流活動に我々が関わることにより、日本に行くパラオ人学生を支援したい。我々が得た経験を若い世代と共有したい。」と述べた。
スポンサーサイト



<< 伊江島の波止場事件―日本最大の米軍事件 | ホーム | パラオと日本、マーシャル諸島でのミサイル実験、フランスと太平洋島嶼 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP