FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

日本と太平洋諸島、トンガの平民宰相、中国とフィジー

2006年3,4,5月の太平洋情報をお送りします。

2006年は、日本、中国、台湾の太平洋諸島に対する外交、政治活動が非常に活発になった年でした。太平洋諸島は、欧米諸国との関係からアジアとの関係に比重を移しているように思います。


5/29 PIR
 日本と中国の太平洋島嶼国に対する援助を警戒すべきとの意見がある。

太平洋地域に対する影響力を拡大するために援助を日本や中国が使うべきではないという声がある。

日本政府は今後3年間、4億米ドルの援助金を島嶼国の開発のために投じると発表した。中国も同様な規模の援助金の提供を1ヶ月前に明らかにした。ニュージーランドのNGOが参加する組織、国際開発評議会のジュリアン事務局長は、もしも日本の外交政策を実現するために援助金が使われるならば、日本の援助効果はネガティブな影響を与えるだろうと述べた。

そして同事務局長は、「日本政府は国連安全保障理事会の常任理事国になるということと、捕鯨問題という2つの大きな課題を抱えており、それが島サミットの開催時期と重なっていることは興味深い。」語った。


トンガは太平洋で唯一の王政の島嶼国であり、同国内の貴族が政治を支配してきましたが、近年、民主化運動もあり、平民宰相が初めて誕生することになりました。


3/31 PIR
 トンガで初めて「平民出身」の首相が指名された。

フレドリック・サヴェレ、61歳がトンガの新しい首相に指名された。トンガ史上初めて、「平民出身」の人物が首相に指名されたのであり、トンガが新しい時代に入ったといえよう。その他の新しい点として、政府の閣僚が民間部門の人から選出されることである。

新首相は「政府部門の人々は能率的に働き、独立し、非政治的でなくてはならない。民間部門で成功し、尊敬される人々を選出したことで、開かれた政府となり、政府の透明性がさらに増し、有能な人材を活用することも可能になる。トンガの経済発展にも繋がるに違いない。」と述べた。


中国はフィジーを拠点にして太平洋諸国との外交・経済関係の強化に力を入れています。
過去と比べても街に中国人の姿を多く見るようになりました。


4/4 PIR
 中国の首相がフィジーを初めて公式訪問した。

温家宝首相が、フィジーのガラセ首相の招きに応じてフィジーを公式訪問した。温首相は、4月5日から6日に開催される、第一回中国太平洋島嶼国経済発展協力フォーラムにおいて基調演説を行う予定である。

温首相のフィジー訪問は、中国首相による太平洋島嶼国への最初の公式訪問ともなる。中国とフィジーは1975年に外交関係を締結した。2005年における両国の貿易額は4527万米ドルにのぼった。それは前年比16.9%の増大であった。

両国は今後、特に農業、水産業、林業において協力できる可能性がある。
スポンサーサイト



<< 太平洋諸島とアジア | ホーム | 与那国島の自治 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP