FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北部振興策への依存

8月12日の琉球新報に北部振興策を仲井真知事が国に要請したという報道がありましたので、お伝えします。

琉球の振興開発において、内閣府よりも防衛省の方が存在感がましています。基地と振興開発とのリンケージが進んでいることのあらわれです。

自らの自治を進めないで、国に頼ること、要請するという、国依存の姿です。道州制、地方分権などを一応いっていますが、自治、自立の気概があれば、国依存からきっぱり脱却すべきです。このような依存体質が国からみすかされて、基地を押し付けることにもつながります。

知事、北部広域市町村は、なぜ、自らの頭で考え、自らの政策を実施し、国から権限を奪おうとしないのか。いつまで国に頼るのか。非常に歯がゆい思いがします。




本年度で期限が切れる北部振興策に関し、仲井真弘多知事と北部広域市町村圏事務組合理事長の島袋吉和名護市長は11日、防衛省で浜田靖一防衛相に10年度以降も継続するよう文書を添えて要請した。

 仲井真知事によると、浜田氏は「北部で活用しやすい施策だ。継続できるよう内閣府に働き掛けたい」と述べ、北部振興の継続を内閣府に求めていく考えを示した。

 知事らは内閣府に林幹雄沖縄担当相も訪ねたが、台風9号の水害の被災地訪問の日程と重なり面談はできず、要請書を原田正司政策統括官に手渡した。

 県職員によると、林氏から「しっかり要請書はいただいた」との電話連絡があった。
 要請書では「北部地域の振興は、県の一体的な発展を図る上で、その果たすべき役割は今後とも重要だ」とし、10年以降の継続に特段の配慮を求めた。要請は県、北部広域市町村圏事務組合、北部市町村会、北部振興会の連名。

 要請後、島袋市長は防衛省で「何回も要請しているが、北部地域への素晴らしい振興をぜひ続けてほしい」と話した。



スポンサーサイト



<< マーシャル諸島と基地、グアムでの反基地運動、テニアン島とカジノ | ホーム | 太平洋諸島とアジア >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP