FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国際開発学会関連写真②

IMG_1929.jpg
岸田・沖縄担当大臣の発表。振興開発の意義を強調していました。

国際開発学会のプレイベントでの発表であり、大臣の後に発表された東審議官の報告内容については、後日、私が学会のセッションの中で批判させていただきました。

IMG_1930.jpg
沖縄大学で開催された国際開発学会。桜井学長、浜川さんはじめ、沖縄大学関係者には学会運営で大変お世話になりました。

おかげさまでスムーズに議論を行うことができました。沖縄大学は、雨水をトイレ水に再利用するなど、環境に配慮した大学です。大学の設計は真喜志さんが行いました。

IMG_1933.jpg
学会の最終日に金城睦さんの古稀の祝いがありましたので、参加しました。左右を問わない、さまざまな方が集まっていました。

金城さんご夫妻が、石垣島のアンガマーの面をかぶり踊りとしながら会場を回っていました。私も環境、基地問題の住民運動をされている方、研究者、音楽家等と話をすることができました。お祝いが終わり次第、また、沖縄大学に戻り、学会のセッションに参加しました。

IMG_1939.jpg
右から、金星さん、安里さん、西川先生。学会終了後、何人かで琉球居酒屋で交流会を開きました。金星さんが居酒屋にあった三線を弾いて皆で楽しいひと時を過ごしました。

西川先生は、国際開発学会の副会長であり、開発問題は、第三世界だけの問題ではなく、国内問題であるとして、昨年から沖縄大学での開催を進めてきました。

国際開発学会が琉球で開催されるのは最初であり、琉球の開発問題はこんごさらに議論、研究、実践を生むのではないでしょうか。

IMG_1940.jpg
金星さんの三線にあわせて、基地問題について「ラップ」のように問いかける真喜志さん。真喜志さんは琉球の風土、文化、歴史を踏まえた建築物を設計している建築家です。

それとともに、白保の新空港反対運動から、現在の辺野古新基地建設に一貫して反対活動をされている住民運動家でもあります。この夜は、真喜志さんからその生きざまを伺うことができました。

IMG_1945.jpg
金星さんの三線に合わせて、隣で飲んでいた社会教育学会に参加されていた九州大学、熊本大学関係者といっしょにカチャーシー、六調を部屋を回りながら踊りました。

まさにイチャリバチョーデー(出会えば兄弟)で、琉球の社会教育についても話を聞くことができました。

IMG_1937.jpg
右から阪本さん、真喜屋さん、林さんです。3人とも西川先生の教え子です。それぞれの分野で活躍されている研究者で、明るく、パワフルな女性たちです。
スポンサーサイト



<< 第2回カマイサミット in 西表  | ホーム | ゆいまーる会議④ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP