FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

マーシャル諸島と基地、グアムでの反基地運動、テニアン島とカジノ

2006年1月の太平洋諸島のニュースをお伝えします。
マーシャル諸島には米軍の重要な基地があり、感謝金を提供するなど、琉球と同じく、カネによって基地を固定化しようとしています。マーシャル諸島の場合は米国自体がカネを提供していますが、琉球の場合は日本政府がカネを払っているという違いがあります。



1/25 PIR
 自国の軍事戦略に協力しているとして、米国はマーシャル諸島に5万2千米ドルを与えた。

クワジェリン環礁にある米陸軍基地においてミサイル実験が実施されているが、米国政府は、マーシャル諸島政府に対し軍事的に協力しているとして5万2千米ドルを与えた。

感謝金の授与式のあと、米陸軍クワジェリン環礁同盟国活動長官のジェフリー・クレイン少佐は、マーシャル人職員、海上パトロール船の船員に対し感謝状を贈呈した。


グアムのチャモロネーションという団体を中心に、基地反対運動が80年代から行われてきました。私もチャモロネーションの方に話を聞いたことがあります。チャモロ人という先住民族の誇りをもとにして、島の自治を求めて活動しています。



1/26 PIR
 グアムの活動家が同島で実施されている軍事訓練を批判している。

沖縄から2000人の海兵隊、海軍兵士が来島して、グアムで行われている軍事演習に反対するデモが計画されている。

グアムの先住民族団体、「チャモロ・ネーション」の創設者の一人であるデビィ・キナタ氏は次のように述べている。

「有毒化学廃棄物の大量投棄、基地の拡大、軍用機・潜水艦・ミサイル基地の恒久化、兵器の実験は受け入れることができず、中止すべきである。軍事演習によりグアムの土壌が汚染される恐れがある。」軍事演習の中には都市戦闘も含まれており、2月23日まで続けられる予定である。


テニアンといえば、かつて日本の植民地であり、多くの琉球人が生活した場所であり、太平洋戦争の激戦地でもあります。現代において、琉球との関係で注目すべきことはカジノです。沖縄県でもカジノをつくろうとしています。マカオやラスベガスだけでなく、同じ島のテニアンでもカジノをしており、その実態を認識する必要があります。


1/26 PIR
 テニアン島で4つのカジノが建設許可を待っている。

テニアン・ゲーミング管理委員会によれば、米国の2つの企業とアジアの2つの企業が同島にカジノ場を建設する予定である。

米国シカゴに拠点をおく企業は、1億米ドルの投資を行い、300室のホテルとカジノを開業したいと考えている。これが実現すると毎月40万米ドルの税収が生まれることになる。

増大した税収により、奨学金、医療関連事業費を増やすことが可能になるとして、カジノ建設計画を歓迎する声もある。

現在、テニアンには、1998年に香港の企業が1億5千万米ドルを投じて建設された412室のホテルとカジノがある。しかし、当初の見込みよりもホテルに滞在する観光客の数が少なく、苦しい状況にある。
スポンサーサイト



<< 我部祖河エイサー50年ぶりの復活 | ホーム | 北部振興策への依存 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP