FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

我部祖河エイサー50年ぶりの復活

8月13日の沖縄タイムスに琉球青年による自治の活動についての記事がありましたので、お伝えします。自治の担い手には年齢は関係ありませんが、多くの担い手の中でも特に青年たちの役割が非常に重要です。シマの青年が何を考え、何をするのかが、自治の大きな推進力になります。

エイサーという琉球文化を地域の青年たちが担い、文化力を基盤にして、青年会が自治を進める柱になることを期待したいです。




半世紀ぶりのエイサー復活で地域に活力を―。市我部祖河青年会(新里充会長)が、50年余も途絶えていた同区のエイサーを復活させた。第20回名護市青年エイサー祭り(16日・市営陸上競技場)で初舞台を踏む。

新里会長(29)は「先輩が情熱を傾けたエイサーで、集落に若者の活力を取り戻したい」と意気込む。(具志大八郎)

 我部祖河区では青年会の活動が停滞していた。振慶名エイサーに十数年かかわった新里会長は「若者を集め、集落を活気づけるのはエイサーしかない」と思い立った。賛同した友人らの呼び掛けで輪が広まり、今では約30人の男女が週5日の練習に励んでいる。

 我部祖河エイサーは本島中部のエイサーを模倣する形で始まったとされ、1950年代半ばまで区青年会が中心となって盛んに行われていた。道ジュネーで各家庭から得た米を換金し活動費に充てるなどしていたが、生活レベルの向上に伴い活動自体が廃れていったという。

 当時青年会長だった金城源治さん(80)は「当時の若者もエイサーを通していろいろなことを体験した。復活は半世紀前の熱気を思い起こさせてくれた」と喜ぶ。

 新里会長の熱意にほだされ「今年限り」という条件で参加する地謡の一人仲宗根朝儀さん(52)=教員=は子どもほどの世代の初舞台を歌三線で支える。仲宗根さんは「一生懸命な青年を見ていると、すがすがしい気持ちになる」と話した。

 太鼓や旗頭などの購入資金づくりに協力した我那覇辰美区長(48)は「エイサーを通して青年会が活気を取り戻した。これからは区の行事にどんどん出てもらいたい」と期待した。

スポンサーサイト



<< ナウル人の平均寿命、マーシャル諸島のごみ問題、島嶼間交易 | ホーム | マーシャル諸島と基地、グアムでの反基地運動、テニアン島とカジノ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP