FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ナウル人の平均寿命、マーシャル諸島のごみ問題、島嶼間交易

2005年12月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。
ナウル人男性の平均寿命が49歳というのは大変、驚きであり、適切な医療施設がないことのほかに、食生活の近代化が大きな原因であると思います。琉球人男性の寿命も食生活等が原因で短くなっていますが、他人事ではない問題です。


11/29 PIR
 ナウル男性の平均寿命は 49 歳である。

ナウル政府のケケ厚生大臣は、ナウル男性の平均寿命が49歳であることを明らかにした。ナウルには適切な医療施設がなく、大部分の患者の治療が行われていない。

かつてナウルは世界の中でも豊かな国の一つであり、政府は病人を豪州に送って治療させた。しかし、過去数年の間、ナウル政府は財政が苦しく、豪州で治療させるための予算を計上することができない状況にある。

現在、ナウル政府は先進諸国に対して、同国の経済改革のための支援を求めている。ナウル政府は、漁業資源の活用、信託基金の再建、農業振興による食糧生産の増加、海外移住者による送金の増大等の実現を目指している。

また教育の質を向上させ、医療に関する統計を改善することも課題としてあげている。


数年前にマーシャル諸島マジュロ島にいったとき、島のごみ問題に大変、心を痛めました。島は近代化によってゴミが目に見えてたまりやすいということをマジュロ島から学びました。


11/27 PIR
 国連の報告書の中でマーシャル諸島におけるリサイクルの必要が指摘されている。

最近出版された国連による報告書の中で、マーシャル諸島におけるリサイクルを推進することで、同国で問題になっているゴミを減らすことができると指摘されている。マーシャル諸島の首都があるマジュロ島のゴミ問題は危機的状況にある。

同報告書ではデポジット制度が提案されている。缶やビンの商品価格にデポジットを上乗せし、空き缶や空きビンを返却した際にデポジットが戻ってくるシステムである。かつて国連開発計画はキリバスにおけるリサイクル事業を支援し、成功した。

キリバスの場合、リサイクルしたアルミ缶を売って資金源として、デポジット制を成功させた。


太平洋島しょ国は大国からの輸入品に大きく依存して、貿易赤字も毎年増えていますが、このような島嶼間交易をおこない、島嶼間での自給体制を少しでも確立することが大変、重要です。島嶼間交易の原則はゆいまーるであり、競争ではないので、島のペースで経済活動もできます。


12/7 PIR
 フィジーがバヌアツ産のカバの輸入禁止を解除した。

フィジー政府は、メラネシアン・スペアヘッド・グループ(パプアニューギニア、フィジー、ソロモン諸島、バヌアツ等により構成されるメラネシア諸国間機構)の中における自由貿易原則に従い、バヌアツ産のカバに対する輸入禁止措置を解除することを決めた。

これはバヌアツがフィジー産のビスケット輸入禁止措置を解除した後に行われた。フィジーは年間、バヌアツから400トンのカバを輸入していると見込まれている。輸入されたカバ全体の66%はフィジー国内で消費され、残りはフィジー産のカバと混ぜられて、他国に対輸出される。
スポンサーサイト



<< ゆいまーる会議準備のために琉球に行ってきます | ホーム | 我部祖河エイサー50年ぶりの復活 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP