FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球でのフィールドワーク

17日、海勢頭豊さんに空港まで来ていただき、海勢頭さんの家によって、平安座島に行きました。自治会館で自治会長にごあいさつして、11月のゆいまーるの集いについての御協力をお願いしました。会場を見学した後、車で、宮城島、伊計島にいきました。途中で、竜宮神の拝所にいき、海勢頭さんから地域の竜宮信仰について伺いました。

宮城島のぬちまーすという、製塩工場に行きました。同社の方に、ぬちまーすのこれまでの歩みを伺い、まさに、地域に根ざした会社であると実感しました。

集い参加者が宿泊する予定のホテルにいき、部屋を確認し、部屋の借り予約もしました。港にちかくにある、海が見えるホテルです。集いの会場となる自治会館も海から近いです。

ホテルの食堂で海勢頭さんと食事をした後、那覇まで送ってもらいました。海勢頭さん、感謝いたします。

18日は、午後から當銘明さんに会い、琉球の近況について意見交換をし、ステーキで有名なジャッキーに行き、ごちそうになりました。午後、當銘さんと平和通りにある、琉球骨董店「なるみ堂」にいき、店主の翁長さんから、古代から現代にわたる琉球の骨董品について話を聞かせてもらいました。琉球にはこのようなすばらしい人物がいるのかと思うほど、在野の視点から広く、琉球の歴史、文化に精通している方でした。

翁長さんが苦労して集めて品々は、県立博物館よりも、魅力的なものであり、翁長さんの琉球の文化歴史に対する深い愛情を感じることができました。

その後、インターネットカフェに行き、このブログを見せて、當銘さんに琉球の自治についての意見を投稿してもらうようにお願いしました。

19日は、午前中は、ダイエーがあった場所に新しく進出してきた、ジュンクドウを見に歩いていきました。大変、天気がよく汗をかきました。3階まで、本がたくさんあり、特に琉球コーナーは充実しておりました。地元の本屋が苦境に立たされないか心配になりました。とまりんというビルには、宮脇書店という大型書店が開店し、「本屋戦争」がはげしくなることが予想されます。

昼は、県庁の上地さんと県庁の食堂で食事をして意見交換をしました。国際交流課にいき、2年後の世界ウチナーンチュ大会の話を伺いました。太平洋地域において県庁に県人会として登録されているのは、ニューカレドニアと豪州だけでした。9月に学生と行く予定のパラオの県人会はまだ登録されていませんでしたので、パラオに行った際に、国吉さんに話をして、県人会登録をして、2年後のウチナーンチュ大会に参加してはと誘ってみたいと思います。

上地さんは琉球の自治、経済自立を本気で考え、実践している有能な方であり、15年前くらいから様々な刺激を受けてきました。

その後、大雨が降り、私は傘をさしながら、歩いて、沖縄大学まで行きました。後で知ったのですが、その時の豪雨で4人の作業員の方が、ガーブ川という那覇市の川で亡くなりました。

沖縄大学では仲地先生と、同大学の常任理事湯をされている真栄里さんと意見交換をしました。大変、興味深い内容で勉強になりました。途中で、仲地先生の院生でもある、NPO自治の風をされている与那嶺さんも議論に加わり、文化と自治についても話し合いました。

沖縄大学からまた歩いて家に帰りました。一日、那覇市内を歩いて移動しましたが、変わりゆく那覇をじっくりと見ることができ、また、亜熱帯のねっとりとした暑さ、噴き出す汗に快感を覚えながら歩き続けました。

20日は、沖縄タイムスに行き、学芸部の与儀さんとお会いして、ゆいまーるの集いについて紹介するとともに、9月1日から学生といくパラオ体験学習、私の近況について話しました。また与儀さんと、国民国家の問題性、名護市の逆格差論が実現しなかった理由、市場経済・行政経済・コモンズの経済の関係性、新琉球学等について少し話し合いました。与儀さんは、琉球のジャーナリストの中でも現在、よく考え、行動するジャーナリストの一人であると思います。

スポンサーサイト



<< 沖縄電力と原発 | ホーム | ゆいまーる会議準備のために琉球に行ってきます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP