FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

安渓さんからのコメントのご紹介

安渓遊地さんから昨日のブログについてのコメントが届きましたので、ご紹介します。
安渓さんについては、西表島の石垣金星さんからよくお話をうかがっていました。また、私自身はお会いしたことがありませんが、安渓さんの西表島の民俗誌、八重山諸島における稲束を貨幣とした交易等についての御研究から学ばせていただきました。

揚水発電所について御紹介下さいましてありがとうございます。琉球が台風常襲地帯であることを考えないで塩ビの発電所を建設したと考えられます。原発も琉球が島嶼であり、米軍基地が集中している場所であることを考えないで建設計画が進められています。

ヤンバルはこの発電所だけでなく、貴重な自然を破壊してダムも多く作られてきました。観光用の水需要が増大したからであり、仲井真知事が目指す1000万人観光客時代がきたら、ますます水が必要となりヤンバルの森が犠牲になることが予想されます。コンクリート、アスファルト、ダムで覆われた、そして原発と米軍基地が集中する琉球に観光客はくるのでしょうか。

大量エネルギー消費型の島経済から脱却して、適正規模の観光経済、太陽・風力・潮力などの代替エネルギーの推進、開発禁止地区の拡大など、自らの欲望を抑えることが、長期的にみて琉球に人が生き続けることができと思います。

原発と揚水発電所との関係について分かり次第、お伝えします。

貴重なコメントありがとうございました。



やんばるの揚水発電所
山口から沖縄や奄美をのぞいている、安渓遊地(あんけい・ゆうjじ)です。はじめまして、こんんちはー!
 ヤンバルの森の中にJパワーの海水揚水発電所がありますよね。海に面した崖の上に池を掘って、ゴムシートをはって、そこにくみ上げた海水をためるのですが、放流管は塩ビ。

これって、ゴミ処分場と同じで、台風で折れた枝でもとんで来たら、一発で穴があきますでしょう?経済的に原発の足をひっぱっている揚水発電所を、ぐっとローコストにする実証実験のために、こんなものを美しいヤンバルの森の中につくる行為は、犯罪的だとおもっていましたが、ひょっとして、本気で原発とリンクさせる気がどこかにあったのでしょうか。
お知り合いでもおられたら、本音のところをききたくぞんじます。



スポンサーサイト



<< 共同墓地とゆいまーる | ホーム | 沖縄電力と原発 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP