FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

共同墓地とゆいまーる

8月15日の南海日日新聞に奄美大島宇検村の共同墓地についての報道がありましたので、お伝えします。2008年3月に宇検村平田でゆいまーるの集いをした時、新元さんから共同墓地を紹介していただきました。

個人墓地、家族墓地、門中墓地をさらにこえて、地域住民の共同墓地をみせていただき、地域の絆の強さ、地域による墓地管理、ニライカナイでの共同生活、寺社や墓地管理会社による支配からの解放等、いろいろ考えました。

共同墓所を地域交流の場所にすることにより、現世とニライカナイにすむ琉球人の交流もできて、大変良いと思います。



宇検村名柄集落(森豊治区長、80世帯、約140人)が建設を進めてきた共同墓地公園の落成式が14日、同所などであった。集落住民や役場職員、工事関係者ら約60人が出席して完成を祝った。
 
総事業費は約3600万円。ほか村の補助金約500万円も受けた。集落入り口のシュビラ(潮平)地区に精霊殿(約37平方メートル)、休憩所、駐車場を整備した。納骨堂69区画のうち、旧盆までには60区画程度が埋まる予定。鹿児島や関西の出身者からも希望が寄せられている。

 9日に納骨式を済ませ、この日は森区長と國馬和範村長の焼香に続いて参列者が献花した。
 場所を村地域福祉センター「やけうちの里」に移して祝賀会が開かれた。森区長は関係者へ謝意を表すとともに「ご先祖のみ霊も喜びのことと推測する。地域の憩いの場、交流の場となるよう願う」とあいさつ。

國馬村長は「集落民全員で管理運営し、誰でも行きやすい公園に」と祝辞を述べた。祝唄や余興も繰り広げられた。

 村内の共同墓地公園は5カ所目。過疎、高齢化が進む集落ではお年寄りの墓参や清掃に大きな負担が掛かることから、個別の墓を廃して共同納骨堂を建設する地域が増えている。
スポンサーサイト



<< やんばる海水揚水発電所 | ホーム | 安渓さんからのコメントのご紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP