FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

やんばる海水揚水発電所

沖永良部島の前利さんから、安渓さんのコメントにかかわる、海水揚水発電所についての資料を送ってもらいましたので、お伝えします。下記の訪問記は、インタネット上で公開されているもので、「沖縄やんばる海水揚水発電所訪問記」として、経済産業省九州産業保安監督部の企画調整官であった、上中孝夫さんが書かれたものです。





  九州には大平(おおひら)、天山(てんざん)、小丸川(おまるがわ:建設中、一部運開)という3つの揚水発電所があります。これらの発電所は河川を堰き止めた下池から山の頂上付近に造った上池に発電用水をあげて溜めておき、必要な時に発電を行うというものです。以前、小丸川発電所については建設の状況を紹介しました。
 
 今回は、その水に海水を使用している(つまり下池を太平洋にした)、電源開発(株)の“沖縄やんばる海水揚水発電所”を訪問しましたので、みなさんにお知らせしたいと思います。さて、まず初めは、発電所の名称に使われている“やんばる”の整理。広辞苑を見ると、漢字では“山原”と書き、沖縄県本島北部一帯の通称だそうです。

 《発電所の立地場所》
この海水揚水発電所は、沖縄県国頭郡国頭村(くにがみそん)にあります。日本でも世界でも、ここ1箇所にしかない発電所です。

 発電所の位置は、那覇から直線で北東方向約80kmのところ、名前のとおり、沖縄本島の北部、ヤンバル地区にあります。

 この地区は、みなさん良くご存じのノグチゲラ(国指定特別天然記念物)、ヤンバルクイナ(国指定天然記念物)を始めとする貴重動物の生息地で知られ、標高400m以上の山々が背骨のように連なる森林地帯となっています。

 また、この地区は河川流量が豊かということで、5つのダムや多くの取水場が設けられており、本島の中南部へ長い導水路で上水や工業用水が送られています。

    注:揚水式発電
    上池、下池の2つの池の間で、反復して水をやり取りし、発電をする水力発電の一形式。夜間の余った電気で上池に水をあげておき、昼間の需要期(ピーク時)にすばやく対応(発電)する。また、揚水式発電は、他の発電所が事故で発電できなくなった時の緊急用電源としての役割を持つ。

      
         【発電所の位置(電源開発(株)のパンフレットより)】
 
《発電所の建設~運用》
上池は標高約150mの台地の上、発電所は地下150mのところに設けられており、最大出力は30,000kWです。沖縄の電力需要がピークの時に発電(最大6時間稼働できる)することが目的です。
 
 ところで、発電所の方のお話しでは、そもそも海水揚水の発想は古くからあり、国は“技術的に可能か”“適地があるのか”といった調査を昭和50年代から全国大で行い、最終的にこの沖縄ヤンバルの地での建設に落ち着いたとのことでした。今の姿になるまでには長い歴史がありそうですね。
 
建設開始は平成2年3月(準備工事)、竣工(使用前検査合格)は平成11年3月ということで、実に9年の歳月を費やしています。

この発電所は海水を利用した世界で初めてのものということで、いたるところに新技術(海水による腐食を防ぐ。貝等が付着しないようにする。海水が地下に浸透しないようにする。)が使用され、当初は実証試験の施設(試験期間5年)としてスタートしました。

しかし、この試験も平成15年度に終了し、試験設備はそのまま“沖縄やんばる海水揚水発電所”となり、沖縄県の重要な電源として運用されています。

発電所の日々の運転は、沖縄電力の要請で電源開発(株)石川石炭火力発電所の制御室内に設けた設備から行われているとのことで、訪問した日は午後から11,800kWで発電していました。
 
    注:電源開発(株)は卸電気事業者として沖縄電力(株)に電力を供給

 【発電所諸元】
  発電所の所在地  沖縄県国頭郡国頭村字安波川瀬原1301-1
最大出力     30,000 kW
  有効落差     136 m
  最大流量     26 m3/S
  上池の有効貯水量 564,000 m3
  水圧管路     内径 2.4m × 延長 314m
  放水路      内径 2.7m × 延長 205m
新技術      上池をゴムシートによる表面遮水
           水圧管路を耐食性を有したFRP管
           ポンプ水車の材料にオーステナイト系ステンレス鋼

  
       
 《環境への配慮》
建設当時は、環境に配慮すべく、色々な試みが行われたようです。
当時の発表資料を見ますと、工事区域に生息する貴重動物が区域外に自力移動できるよう誘導したり、カメ等の小動物が工事区域へ侵入できないよう柵を設置したり、水路は傾斜側溝にして万一落ちたとしても自力で脱出できるようにするといった工夫が行われたとのこと。

建設工事中の水路のイメージはわきませんが、道路側溝を見ると写真のようになっていました。
おそらく、仮設の水路に落ち込んだカメが、森に戻れるような緩い傾斜を付けていたんだと思います。施設が完成した今でも注意深く問題がないか確認を続けられているとのことでした。
             
         
 一方、植物の方ですが、発電所の建設場所はヤンバルの森と言われる亜熱帯雨林です。
 建設時の掘削土の土捨場では、周辺の自然環境を保護するため、斜面にはヤシ殻マットを張ったり、周辺の森林と同種の苗木を植える等を行い、自然環境の早期再生に取り組んだとのことでした。
 
これらの結果、土捨場は写真のような姿に変わっています。見た限りでは周辺の環境になじんでいるように思えました。
   
 
《おわりに》
 この海水揚水発電所。試験施設から発電所へと名称を変え、既に5年目に入りました。沖縄の電力運用になくてはならないものとなっている様子です。

 また、インターネットを見ると、沖縄観光にも一役買っているようです。
 実際この発電所には年間5000人の見学者が訪れるとのこと。
 このため発電所には案内の方が配置されています。関心のある方は訪問されてはいかがでしょうか?
 
ところで、この発電所の調査、建設、試験、運用で得られた技術が他の所で活かされることが大事です。
現在、世界的にCO2の削減が叫ばれ、その対策として原子力発電所のような大規模な発電所建設の動きも見られます。

当然ながら、揚水発電所の必要性も高まって来ていると思います。世界の各所で日本の技術が役にたつ日を願い、訪問記を終えます。

注:一度見てみたいと思われる方は予めご連絡下さいとのことでした。
  電源開発(株)石川石炭火力発電所 電話番号 098-964-3711(代表)
  海水揚水担当の方がいらっしゃいます。

スポンサーサイト



<< 平安座島、宮城島、伊計島、揚水発電所の写真 1 | ホーム | 共同墓地とゆいまーる >>


コメント

沖縄についてここで勉強させていただいております

最近、こちらのサイトに気がつきまして、沖縄について考えるに当たって、いろいろ勉強させていただいております。

もう10年近く前になりますが、仕事で沖縄に半年ほど滞在し、初めは明るく楽しいのにひかれ、その後、それだけではない陰の部分も見えるようになり、それまで沖縄について何も知らなかったんだなと反省し、ほぼ毎年、沖縄に行きながら、いろいろと考えさせられています(もちろん、楽しんでもいます)。

この揚水発電所は、両親と見学しました。
あたりの風景が本当にのどかで、たまたま見たばかりだった中国映画『山の郵便配達』みたいだねと話をしながら、お弁当を食べました。

私は東北に住んでいますが、沖縄が自然と協調しながら平和に暮らせるようになるのが、めぐりめぐってこちらの幸せにもつながってくると考えています。
これからもこちらのサイトで、勉強させていただこうと思っています。

揚水発電のコスト

遅いレスですみません。詳しい報告を紹介していただきありがとうございました。効率の悪さとコストの高さから、原子力発電の出力調整用としての役割しか与えられていない揚水発電が、どこまで手抜きでどこまで低コストにできるかの実験をしたのだと思います。揚水発電のコスト計算は、以下に載っています。良書です。再生可能エネルギーの政治経済学 大島 堅一 (2010/2/26)

Re: 揚水発電のコスト

安渓さん

コメントありがとうございます。沖縄電力は原発の計画があると言われていますから、揚水発電を実験的につくったかもしれません。

                    松島泰勝

> 遅いレスですみません。詳しい報告を紹介していただきありがとうございました。効率の悪さとコストの高さから、原子力発電の出力調整用としての役割しか与えられていない揚水発電が、どこまで手抜きでどこまで低コストにできるかの実験をしたのだと思います。揚水発電のコスト計算は、以下に載っています。良書です。再生可能エネルギーの政治経済学 大島 堅一 (2010/2/26)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP