FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

平安座島、宮城島、伊計島、揚水発電所の写真 1

前利さんより、11月のゆいまーるの集いで訪問する島々や揚水発電所の写真を頂戴しましたので、ご紹介します。前利さん感謝いたします。




IMG_0367hennza.jpg
飛行機から撮った写真です。右上に沖縄島から海中道路が平安座島に向かって伸びています。

IMG_0384.jpg
平安座島の集落と、石油備蓄基地がみえます。私も大学生、大学院生のころ、海中道路、平安座島、宮城島を歩いて、開発と島の発展との関係について考えたことがあります。

IMG_0395kaichu.jpg
現在の海中道路は、舗装され、幅も広いですが、かつてのそれは、土をもっただけで、道路の柵もありませんでした。現在、この道路を使ったマラソン大会もあるそうです。

IMG_0399.jpg
この湾が金武湾であり、石油備蓄基地(CTS)が建設されるときに、「金武湾を守る会」が安里清信さんを中心にして結成され、建設に反対する運動が展開されました。今回の集いでは、CTS建設と島の発展との関係についても議論がなされると思います。

IMG_0400.jpg
私はこれまで石油タンクを横からしか見たことがありませんが、上から見ると多くのタンクがあることを実感します。かつては、油が海に漏れ、海の生態系が破壊され、漁獲高も非常に減少した時代がありました。私の『沖縄島嶼経済史』にも、金武湾の開発計画について書いておりますので、関心がおありの方は読んでください。

スポンサーサイト



<< 平安座島、宮城島、伊計島、揚水発電所の写真 2 | ホーム | やんばる海水揚水発電所 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ここは酷いCTSですね

活断層アメーバブックス 堺屋太一 ユーザレビュー:面白かったけれど・・ ...Amazonアソシエイト by CTSと呼ばれた石油備蓄基地建の反対運動に振り回されるエリートサラリーマンのどたばた 自民党の機関誌に連載されて30年以上封印されてきた作品である なんで封印され...


 BLOG TOP